お花畑と人は言う。

h24年に、私が風力被害を訴え始めたころ、何人もの環境運動家たちが我が家を訪ねてくれた。日頃から人付き合いのあまりない私にとっては、何事だろうかと変に思ったものよ。畑地区の谷口さんが、結構、交際範囲が広いので、その伝手で、私の所にも来たんだろうと思っている。

ジャーナリスト、ライターさんも来てくれて、伊豆や伊方の被害状況、有名な環境運動家のことを少し教えてもらった。その時、「考える会」とは何者で、何を目的としているのか、それを知ることがまず先決でしょ、と言われたことを覚えている。

私も相当に厳しい言葉を、「考える会」から受けていたので、それが何を意味するのか腹の立つほど響いたものよ。今もその状態は変わってはいない。だって彼らは風力発電と一体になって、被害者封じを目的に「考える会」を活動しているんだからさ。死神さんよ。

この記事は、以前にも同じようなものがあって、私も同じ批判を書いたと記憶している。性懲りもなく、と言うことだ。被害を訴えるのでもなく、何かに抗議するでもなく、先生を招いての講演に拍手喝さいの環境運動なのだ。人はお花畑、人工芝と言うらしい。

私はこのページで海外の反対運動を何度もアップして紹介している。海外の風力反対運動とは、まったく違うでしょ。風力発電が出来て、低周波被害で被害者が苦しんでいる。だから「風力発電を止めろ」と海外では抗議運動を起こしている。そんな場面は日本には一つもない。

日本の環境運動、彼らは被害隠ぺいの仕掛け、工作員だったのだ。風力発電には豊富な資金がある。大学の先生方には保身のための利権がある。絶対に風力被害なんか言葉にするかいな。せいぜいが「土砂崩れが心配です」と明後日の言葉のすり替えを言われたとおりに繰り返すだけよ。

これが政府の方針なら、私は反政府活動をしているらしい。なんか私一人だけ悪役にされている。被害者を虐待して消し去ることがそんなに面白いんだろうか。国策のプロパガンダは簡単に日本人の精神を破壊した。記事には伊豆のことも書いてある。

あれだけの風力被害を出しながらよ。よく言うわな。この連中の正体が分かるやないか。

 

 

 

カテゴリー: 新着情報 パーマリンク
-->