四国の風力計画が中止になったらしい。

しばらくワイワイと騒いでいたようだが、どうやら中止になったらしい。私はとても羨ましい。これでこの地域社会が、個人が、たくさんのものが、救われる。人が苦しみながら死んで、手を叩いて笑って喜ぶこともないだろう。よかったじゃないか。ここでも反対理由は土砂崩れにされている。

近くには大洞山という風力発電の被害地がある。伊方の風力被害は全国版だよ。それなのに絶対に風車病のことは書かない方針らしい。これも犯罪やね。忖度で済む問題ではない。さらに風力発電の経緯を見ると、一度白紙にしたからと言って、二度目、さらにまた三度目の風力発電の計画が襲ってくる。国策だからね。

風力側は鼻息荒く蹴散らしていく。行政は、もちろん風力側だ。風力発電の何が悪いのか。もう既にこれまでの被害地の情報は十分すぎるほどに伝わっているだろう。風力計画が持ち上がるだけで、その地域がターゲットにされる理由があるという。私にはそのことがよく分かる。

今も全国各地で、風力発電の低周波被害で苦しみ、狂っている被害者がいる。その人をあざ笑い、軽蔑して喜ぶ人々がいる。だから海外の風力反対運動では「Stop」(止めろ)というのだ。日本人にその感覚がないことに、非常に残念だと思っている。これまで普通に暮らしてきた近所の人が被害を受けて苦しんでいる。なんで笑うのか。

その人が死んだらそれほど面白いのか。何か間違っているとは思わないのか。だからこの記事を読んでも、フン、とも思うが、肝心の被害の理由が一言も書かれていないことが許せないのだ。自分だけ良ければそれでよい。よその人は関係ないって、か。大洞山のような被害は嫌なんだろ。伊方の被害を見て、ゾッ、としたんだろ。

私はそう思っている。由良町の風力発電の被害もすごいからさ。

カテゴリー: 新着情報 パーマリンク
-->