コロナワクチンの怪

私はインフルエンザの注射もしないから、ワクチン被害がどんなものだか見当もつかないけれど、今回、コロナウィルスで、ワクチンの被害があることくらいは気が付いている。それでもコロナワクチンは必要だ、と言うのが一般的な認識だろう。わりと情報の多い先生方に聞いてみても、コロナに罹ると、もし治ったとしても何らかの後遺症が残る。

ワクチンを打って、副反応が出たとしても、それは1万人とか、10万人に一人か二人程度の話だ。どうせコロナは蔓延するだろうから、どちらを取るかは本人の意思になる。私ならワクチン接種をとる、と言うのだ。高齢者になると、死亡率は高くなるからね。人工呼吸器など、とても苦しいらしいのだ。それでこの記事よ。

当たらずとも遠からず、日本は、海外のワクチン接種の様子を見ながら、国内接種を始めるだろう。日本の被害隠ぺい体質は完璧だから、いつもの「因果関係は認められない」と言う言葉を聞くことになる。皆さんはどうしますか? 少なくとも、既に海外での実績を見ているんだから判断材料にはなる。統計、確率なんて、当人に当たってしまえば意味はなくなる。

後悔先に立たずか。それと、世間の口に戸は建てられない。風力発電の低周波被害だって、今や全国に伝えられている。土砂災害や発電効率と言葉をすり替えても、真実は変えられない。また、ワクチンに押し寄せる期待も、テレビや新聞で見る限りでは凄まじいものがある。ホンマかいな?と思わないか。

アメリカ人でも、ワクチン接種を希望する人とそうでない人の比率は半々だろう。日本でもそれは変わらないと思う。とすると、プロパガンダ合戦になっていることが分かる。今回は、風力被害とは違って、思案のしどころよ。まだ時間はある。出来ればヘンな注射はしたくないんだが、

カテゴリー: 新着情報 パーマリンク
-->