風力発電の被害とは、主に低周波被害のことやで。

前ページには、各地の風力反対運動の理由が「土砂災害」という言葉にすり替えられている、と書いた。youtube動画などにアップされているように、環境運動家らによるエセ運動には、決まって低周波被害の否定が刷り込まれている。問題は土砂災害だ、というのだ。

あるいは風車病に苦しむ人を話のネタにして、健康被害の懸念、などと言っている。誰も「被害者を助けよう」、とか、「風力発電を止めろ」とか絶対に言うことはない。要するに環境運動会、合意形成の場だ、としているのだ。重症の被害者はたまったものじゃない。

だから伊豆でも伊方でも、被害者は自宅を捨てて他所に逃げ出すことになったのだ。『Wind Turbine Syndrome』(風車病)の本にも同じことが書かれている。汐見文隆医師も、同じ警告を発しているから、環境運動に関心のある人なら、本当は何が問題か、何が悪いのか、くらいのことは知っているのだ。

知っていて、「土砂災害が問題だ」なんて繰り返すのは、ウソツキもいいところだろう。由良町だけでなく、各地の風力被害地、風力計画地では、私のような被害者に対して蔑視、軽蔑の感情があることに気が付いている。被害を訴えるものはヘンな人、だというのだ。

これは水俣病やイタイイタイ病の公害の時も同じことだった。それを先人たちは被害を誠実に訴えてきたと考えている。今でも被害者差別は厳しいらしいけどな。それ以上に、風車病に苦しむものに対しては、国が、行政が、政治が、警察が、地域の人々が、被害を否定して弾圧することになっている。

そりゃ、被害者が亡くなると手を叩いて笑うはずだよ。風力発電、バンザイ! というところか。誰もこの異変に違和感を持つ人はいない。人が苦しみながら死んで、何が面白いものか。海外では、とうに風力発電に対して反対運動、抗議運動が起こっている。

被害原因である低周波の被害成分についても、研究論文が多数出されている。日本人は簡単に騙されている。風力発電に反対しよう。知らぬ間に犯罪者に仕立てられてるで。

以下、窪田さんからの伝言です。

こんにちは。
特定非営利活動法人 低周波空気振動被害者の会 窪田泰 です。
ご参考まで

低周波空気振動被害拡大について

カテゴリー: 新着情報 パーマリンク
-->