低周波被害の言葉が消されている。

風力発電の被害に反対するために、核心となる風車病、低周波被害の言葉が消されている。この記事にも土砂災害が問題だ、なんて書いてあるけれど、奇妙な感じに気持ちが悪いのだ。以前も御用学者のH理論とかいう低周波のA特性を、言葉を変えて書き直した論文を絶賛していたからね。油断ならないのさ。秋田でも福島でも、土砂災害をスローガンにして、風力に反対したという。

そして見事に白紙撤回したと聞いている。本当にそうなんだろうか? と私は疑っている。たしかに山の尾根に風車を建てると、土砂が麓に流れ出して水路が埋まってしまう。由良町でも体験したからその通りだろう。しかしそれで頭痛や目まいに苦しむか? Nina Pierpont の『Wind Turbine Syndrome』とは、土砂災害のことだったのか。汐見文隆医師は、土砂崩れを心配して数々の本を書いたのか。違うだろう。

世界各国の風力反対運動は、土砂崩れのことだったんかい。滑稽やないか。またアセスメントについても誤解だらけだ。アセスメントは業者が行う。事業に不利なこと書くわけないだろう。事業をスムーズに進めるための手続きなんだよ。ちなみに風力事業には低周波の項目はない。風車による低周波予測図を付けたりするが、嘘八百よ。低周波被害を評価する基準も規則もないのだ。

ここには健康被害、と抽象的に小さく書いている。何を意味して書いたのか分からなくしている。風力発電の低周波被害だろうが。どうもこの記事はおかしいのだ。産経の風力の提灯記事と変わらない。それでもエセ環境運動家たちは大喜びしてこの記事を自慢している。アホに着けるクスリはない。日本の自然保護団体は行政の傘下で風力を推進している。

世界の風力反対運動を添付したけれど、ちゃんと風力被害に抗議してるでしょ。日本だけ、なぜか風力被害に怒って抗議する記事はない。被害者は狂人であって、障害者だというのか。まるで昔のドイツのナチス運動やないか。ジェノサイド、計画的な殺人だよ。谷口さんら被害者の記事を読んでみてほしいものよ。風力発電の被害とは何か。何が悪いのか。そのことだけでも気が付いてもらいたいのだ。

カテゴリー: 新着情報 パーマリンク
-->