被害者がいるのに無視するな。

とうとう日本全国に風車地獄が現れてきた。記事の言葉とは裏腹に、誰も風力発電の低周波被害を訴える人はいない。海外なら普通に「Stop wind turbines !」と言って抗議デモを行うところが、日本には一つもない。せいぜいが「土砂崩れが心配です」と言うだけなのだ。それも御用学者を招いての被害否定のトリックだ。

伊豆や伊方、由良町の風力被害を見てほしい。被害者は精神疾患のものなのか? 障害者が被害を言っているだけなのか? 違うだろう。本当は、皆さんも十分に知っているはずだ。被害者が苦しむことが面白かったのだ。「問題の大きさを取り違えてはならない」と言って、地球温暖化の前に、風力被害など問題ではない、と嘲笑ってきたのだ。

その証拠に、この記事には風力被害を受けて死んでいった人の苦しみはどこにも書いてない。「関係ない」のだ。日本が溶けていく。海外ドキュメンタリーでやっているように、被害者が殺されると人々は笑ったのだよ。『服従の心理』Sミリグラムの心理実験を見ただろう。被験者は、被害者が苦しむのを見て笑ったのだ。さも嬉しそうにね。

私の風力議会、風力裁判を見て、人々は本当に喜んで笑ったのだ。谷口さんが亡くなった時など、驚きで言葉もなかったよ。それほど人を虐待して苦しめることが面白かったのだ。今も、人々は被害者が苦しむ様を楽しみに待っている。それがこの記事の本質だ。ウソの記述がいくつかあるから、関係者は気が付いているだろう。

ただ、全国で、風力発電を取り上げて、「さあ、お楽しみ」という新聞もテレビもどこにもない。みなさん頬被りよ。「関係ない」と言うのだ。そのくせ、風力被害者が苦しいと言うと、鬼の首を取ったように喜びだす。「アホよら、アホよら」と言って手を叩いて踊るのだ。正気を取り戻そう。

海外では当たり前のように、被害にあったら抗議して怒っている。国が言おうと、企業が言おうと、政治屋が笑おうが、人が生きる権利を主張するのだ。風力被害者の皆さん、目を覚ましてほしい。風力発電を撤去せよ、と言おうじゃないか。私たちにも生きる権利があるのだ。

 

カテゴリー: 新着情報 パーマリンク
-->