Will増刊号について

Will増刊号として、youtube動画にアップされていました。この視聴回数よ。みんな知ってるんや。だからこそ、その真実を見て笑っていることだろう。前ページ、「風力発電という幻想」にも書いたが、風況がよい、なんてウソばっかりよ。風力事業はウソにウソを積み重ねた真っ黒け、だけれども、やっぱりみんなが知っていたというわけさ。

h24年に、ジャーナリストたちが由良町の風力発電被害を視察に来たが、山々に林立する風車を見て、「風もないのに、すべて同じ速度で一定に回っているでしょ。おかしいと思わない?」と不自然な風景を指摘していた。やがて山田征さんも同じ発言を繰り返していることを知る。彼女たちは全国的に有名だから、直接その言葉を聞いた人もいるだろう。私も最初からそう思っていた。

自然エネルギーと言いながら、なんという不自然な光景かと。再エネの時代か? とくに風力発電は、日本では無理なのだ。そのことをこの動画は伝えている。カネの亡者として、野山に太陽パネルを設置した人も多いだろう。結論は、全くの出鱈目だったのだ。補助金だけが目当ての乞食模様よ。いくらカネをかけても、ザル事業だということが分かったことと思う。

それでも、再エネ賦課金、固定価格買い取り制度、各種の補助金に未来を託す人は多い。カネだけが目当てなのだ。地球温暖化防止なんて嘘ばっかり。そこには風力被害者がいて、苦しんでいることなど目に入らない。我利我利亡者よ。『風力発電の被害』に書いたとおりだ。汚いカネをもらったからと言って、せせら笑うのは止めよう。そんな人は、見るのも汚らわしい。

被害者を差別して弾圧するのは止めよう。人として恥ずかしいことなのだ。由良町では、たくさんの被害者が被害を否定されて殺された。今も笑いものにされている。伊豆や伊方などでも同じことがあった。全国どこでも金太郎飴のように同じ被害が繰り返される。由良町の風力発電を撤去してくれ。被害者をアホにするものは地獄に落ちろ。

カテゴリー: 新着情報 パーマリンク
-->