低周波被害と書かない新聞

由良町で風力被害にあってから、環境運動家たちから言われ続けたことがある。「低周波と言ってはダメだよ。土砂崩れが心配だ、と言わないといけない」彼らは真剣にそう言って私に注意していた。今もそう言っている。h24年、由良町では、たくさんの風力被害者たちが苦しみながら亡くなっていた。それを見ながらこんな言葉のすり替えを強要しているんだから大したものよ。

同じことはこの新聞にもあって、風力被害といえば、「土砂崩れ」なのだ。笑い話ではないか。赤線を引いているから見てほしい。「健康被害の恐れ」とある。なんで? と思わないか。風力発電の低周波被害があるから、風車病になって、被害者は苦しみ、重症の人は死んでいくんだろう。水俣病と同じで、有機水銀が原因です、と言えないんだね。大したジャーナリズムよ。山口には既に多くの風力被害者がいて苦しんでいる。全く無視して喜んでいるのだ。

でも和歌山と比べると、風力発電を記事にするんだから貴重だと感じている。由良町なんかでは、風力の「ふ」の字も言えないからね。熊野の山々は巨大風車でいっぱいよ。信仰の熊野街道はボロボロやで。もちろん被害者もいるだろうに、言葉にできないらしい。そんなの人ではないからね。山口も同じことだろう。「景観の面でもよろしくない」か。出羽三山じゃあるまいに。土砂崩れが心配なんか。

私は海外の風力反対運動、抗議運動を紹介しているが、彼らは土砂崩れを心配してデモ行進しているんだろうか? 違うよな。分かっていながら、知っていながら、「土砂崩れ」と繰り返すのだ。ロボットに変身していると思わないか。とうに被害隠しに夢中になっている姿が見える。海外の風力反対運動では、低周波で健康被害にあうから、風車を止めてくれ、と怒っているのだよ。

日本となんと違うことか。そうは思わないかい。戦争になったら、また特攻を賛美して煽るんだろう。メディアの罪は重いで。

 

カテゴリー: 新着情報 パーマリンク
-->