日本人はデマに騙されている。

Protest gegen windkraft(風力発電に抗議する)、ドイツ語で検索すると、ドイツ内の反対運動、抗議運動がどっさり出てくる。日本には、こんな記事はどこにもないでしょ。試しに、日本語で検索してみるがよい。環境省や風力業者、環境運動家の被害否定のページばかりが出てくるのだ。

日本の新聞やテレビも、絶対に風力発電の被害について記事にすることはない。再エネ、風力発電といって、媚びへつらう記事ばかりよ。山々を覆い尽くす風車群をパノラマ写真にして喜んでいるんだから太鼓持ちもここまでくれば大したもんよ。彼らには風力被害者の苦しみなんかどこにもない。

風力被害者、低周波被害者は、頭をやられるから、放っといても消えてなくなるけどさ。社会の成り立ち、社会の基盤を壊していることすら面白いのだ。行政が、政治が、社会の破壊をやっているんだから恐ろしい政策よ。各地には風力反対運動らしいグループがある。

よく見ると、それは御用学者を招いて、被害の否定をする勉強会を繰り返すエセ運動会になっている。初めは正直に風力発電に反対したい人がいたケースもある。しかしすぐに御用運動家や行政に取って代わられる。とくに被害者は弾圧される。何重にも取り囲まれて人物破壊されるのだ。

優しい言葉をかけられたり、小金をもらったり、仕事を世話してもらったり、とそれはたくさんな地域対策があるだろう。風力事業には豊富な資金がある。すべて強制的に集金した税金よ。地域対策マニュアルも完備している。役場職員には住民対策用の問答集が配られているらしい。

だから同じ言葉を、同じ順序で、あちこちで聞くことになるわけさ。それを議員や地域のスパイ、工作員も使っている。司令塔は同じだからね。これは『風力発電の被害』にも書いた。何のために風力発電を建設するのか。もはやカルト、異常な社会現象だろう。

私は低周波被害を訴えているが、被害の分からない人でも、海岸の1㎞先に、高さ200mの巨大な風車が林立して回っていたら、どんなことになるのか分かるはずである。それを「分からない」「関係ない」「知らない」「考えたこともない」「別に」と言って無視するのだ。

見ざる、聞かざる、言わざる、考えざる、関わりにならないように、無事に生きるための処世の術か。あの戦争の時も「お国のために」と言っては爆弾を抱えて自爆攻撃を繰り返していたものよ。先日のページでも人間魚雷の本を紹介した。BS朝日でも同じ番組を放映していた。

当時は大本営発表と言って、嘘八百を繰り返していたけどね。それと同じことが今、新聞やテレビ、行政や政治で繰り返されているのだ。憲兵もあるから笑ってしまう。警察に風力被害を訴えた人たちは、全くのアホだったのだ。私は一人で風力発電の低周波被害を訴えている。汐見文隆医師直伝の考えもある。

国家による犯罪だ。窪田泰さんの低周波被害の測定データもある。問題の核心は低周波被害だ。それを土砂崩れが心配だ、などという環境運動家の主張こそが異常なのだよ。牛の臭いケツに飛び交う蠅やね。現実に、風力発電は電源として役には立たない。あるはずのない理想?なのだ。

ナチス運動と同じで、行き着く先は破滅しかない。これまでもたくさんの風力被害者が苦しみながら亡くなった。殺されたのだ。それを笑いものにして、抗議するものを弾圧しているのだ。海外ドキュメンタリーでやっているドイツのジェノサイド、大量殺人と同じではないか。だからドイツでは、こんなにも地域の人々が抗議しているのだ。

由良町の風力発電を撤去してくれ。低周波で苦しいのだ。

 

カテゴリー: 新着情報 パーマリンク
-->