洋上風力発電に反対しましょう。

Protest offshore wind power(洋上風力発電に抗議する)で検索してみると、やはりドツサリ出てきました。日本の風力反対運動も英文で紹介されています。ただし、政策合意としての資料で、反対派つぶしが目的です。カネ目的よな。同じように、洋上風力を推進するという、理解のできない運動、集会もあって、さすがにヨーロッパで大量に作られている事情が見渡せます。

コマーシャル用の風車の写真があふれています。風力事業には莫大な税金が使われています。一方、風力反対には金がありません。被害者になっても補償はありません。被害の基準がないんですからね。低周波被害に苦しみながら死んでも、笑いものにされるだけよ。だからヨーロッパでは、あれだけたくさんのグループが団結して、「風力発電を止めろ」と抗議しているのだ。

その意見を利用して、海に作ったらいいではないか、という作戦が展開されている。なんとしても風車を建設したいらしいのだ。ナチス運動みたいなイデオロギーの世界よな。発電はしても、本当に利用できる電気なのかは、また別の話だ。風力発電の電気はほとんど役に立っていないという調査報告書もある。風力発電は、Märchenメルヘン、彼ら独特の作り話なのだ。

日本人は彼らのイデオロギーに弱いから、すぐに騙されてしまう。こんなもの自然エネルギーやないで。日本の風力反対運動は、どこかおかしいでしょ。既存の環境保護団体は行政の傘下にあって、風力被害の否定、風力推進が目標です。あたかも心配する風を見せながら「風力発電を考える」人たちも、被害者が苦しんでいるのに、決して助けることはありません。

被害を隠蔽するための仕組まれた策謀です。環境省の報告書には、毎年のように被害の否定と、被害者は精神疾患のものと書かれているでしょ。これが日本の風力発電に反対するというエセ運動家たちの姿です。私は、個人が、なんで道徳を踏み外して、風力被害に苦しむ人を弾圧して笑いものにしているのか、それがどうしても分からない。

海外では、「Stop wind turbines !」と言って抗議しているのにね。対比してみると明らかでしょ。日本の環境運動家は、何が問題なのか、雲をつかむような話にして喜んでいる。日本人は、自分の頭で考えて、風力被害とは何か、言葉にすることさえできなくされていたのだ。風力事業は税金で賄われている。気代とともに集金される拒否できない税金なので、自由に使い放題よ。

風力被害者は、踏みつぶされて消されていく。政治家も誰一人として反対しない。恐ろしいサギでしょ。皆さん、まともな風力反対運動、抗議をしようじゃないか。由良町の風力発電を撤去してくれ。

カテゴリー: 新着情報 パーマリンク
-->