IRカジノを止めよう

カジノを統合型リゾート施設だといって、バクチ場の寺銭を当てにするというアホは止めようじゃないか。江戸時代からバクチは極刑やで。ヤクザ映画でも、鉄火場は怪しい空気がいっぱいよ。それを行政が上前を撥ねるという。あるわけないやろう。国際会議をするんやて? バクチ場の横でか? どんな学会かフォーラムなのか知らんけれど信頼性が落ちると思うで。ただのカモを集めているような風景よ。

東京オリンピックも遠のいた。オリンピックビジネスの話ばかりが飛び交っている。要は金儲けの話よ。インバウンド、外国人観光客の誘致が、今回のコロナ禍でどれだけ危ない世界か、よく分かったやないか。すぐに回復するってか? 大阪でも京都でも、最近静かになって喜んでいる人が多いやろう。私たちは見世物ではない。同じように再エネ政策も、ただの金儲けの策略だと気が付く人が多くなっている。

自然エネルギー、地球温暖化、といったって、どうもそれは言葉遊びで闇の世界に税金が消えていく。再エネ賦課金12.4%だって?  もうすぐ笑い話になって、誰がこの金をネコババしたんだという顛末になるだろう。ただのサギだったんだよ。政治も行政も機能しなかった。誰が風力発電の低周波被害を訴えたと思う。海外では当たり前に抗議運動が起こっているのに日本には一つもない。

思考停止、洗脳されていたのだ。誰もが言いなりになるように巧妙に躾けられていたのだ。風力被害者は迫害の対象とされてコテンパンに弾圧された。それを政治や行政、地域の人々が笑いものにする。新しい差別政策やね。海外のカジノには、すでに裏面の闇の世界が知られている。日本でも、馬券売り場の雰囲気を見ればわかるやないか。あれは異常やで。IRは止めよう。絵に描いた餅でしかない。

風力発電と同じで社会を破壊する。精神を壊してしまうのだ。日本はまだまだ金があって、カモにされていると感じている。平和も過ぎればアダになる。

カテゴリー: 新着情報 パーマリンク
-->