御用学者の弁

産経新聞には、度々、原発と再エネ、風力発電の宣伝が記載されています。この文を見ても、難しそうに書いてあるわりには、原発と再エネが必要だと、しつこく何度も書いている。それもCO₂削減だというのだから、普通に考えると、なにかズレているな、と感じるのだ。わざとCO₂削減になると書く、その魂胆は何か。

原発の災害は見ていて胸が痛くなるではないか。地域の人たちは追い出されたし、被ばく被害にあった人たちもいるだろう。風力発電の低周波被害で苦しみながら死んでいった人たちは関係ないのか。被害を全く無視して、原発、再エネと繰り返す宣伝は、空虚そのものではないか。

これが日本の環境運動家たちの言葉になるんだから恐ろしい仕組みができている。ただの宣伝文なのに、イデオロギー、宗教にまでなっているやないかと驚くのだ。まさに環境テロよな。それほど金になるということか。日本社会に深い闇を作り出していることに気づかないか。もし原発と再エネをゼロ0にすると、電気代は安くなるで。

この事実を誰でも理解しようやないか。

カテゴリー: 新着情報 パーマリンク
-->