ドイツの風力反対運動の記事 Kein windpark

ドイツでは、本当に数えきれないほどに風力反対運動が全国に起こっています。低周波音による健康被害があるからです。風車病は頭をやられますから、地域の人たちは必死になって風車建設を阻止し、「風車を止めろ」STOPPと抗議して怒っています。日本では、これから風力発電を建設するのだと息巻いているんですから、この落差は何なのか、眩暈するような現実に驚くではないか。

74年前の戦争のように、国は、行政は、大本営発表のウソばかりを繰り返します。野鳥の会や日弁連、「考える会」などを通じて被害者を黙らせます。実に巧妙な仕掛けで「風力発電の被害」を隠ぺいしているのです。現実は、暴行、傷害、殺人でした。被害者にとっては拷問でしかなかったのです。風力発電の低周波被害は悪いことですけれど、それに輪をかけて行政が、地域の人々が被害者を虐待しました。

私は何度、その泣いて訴える声を聴いたことか。「関係ない」ってか。試しに、東伊豆町や由良町に電話して聞いてみるがよい。恐ろしい答えを聞けるで。

以下、小林先生に翻訳してもらいました。

ご依頼のドイツの文書をざっと訳しましたので送ります。わからない地名などが出てきて、誤解もあるかもしれませんが、風力反対運動があることはわかるでしょう。原サイトは動く画像などもあって画像の説明は難しいので、文章になっている部分だけを訳しました。量は多くないので、原文も併せてコピーしておきましたので、対応個所はわかるでしょう。

小林

Nordkurier ノルトクリヤー 2019.11.29(金)

https://www.nordkurier.de/neustrelitz/klares-nein-zu-windraedern-116881005.html

 

Windenergie Bürgerinitiative

DEMONSTRATION GEGEN ROTOR-RIESEN

Klares Nein zu Windrädern

風力発電に市民運動 巨大風車反対のデモ 風車にはっきりした拒絶

Die Aktivisten vom Camminer See wehren sich gegen Rotor-Riesen, die ihre Heimat und ihre Grundstücke verschandeln. Rund 200 Menschen gehen in Warbende auf die Straße. Die Bürgerinitiativen wollen künftig noch viel von sich hören lassen.

Susanne Böhm

カミナーゼーの活動家たちは、彼らのふるさと土地を損なう巨大風車に抵抗している。約200人の人々がヴァルベンデの路上デモする。市民運動はもうこの話は聞きたくないのだ。 スザンネ・ベーム

Warbende.

„Wir wollen keine Windkraftanlagen – schon gar nicht im Landschaftsschutzgebiet und vor unseren Haustüren.“ Mit dieser Forderung gingen am Sonntag rund 200 Menschen in Warbende auf die Straße. Sie demonstrierten gegen einen Windpark am Camminer See.An dem zwischen Blankensee und Burg Stargard gelegenen Gewässer sind acht Windräder mit einer Höhe von 200 Metern geplant.

ヴァルベンデ:「もう風力発電機は欲しくないー自然景観保護地はもとより、うちのドアの前では」こんな要求を掲げて、この日曜日にヴァルベンデの路上を200人ぐらいが行進した。彼らはカミナ―ゼー(湖)に面する風力発電所に反対してデモ行進をした。ブランケンゼー(湖)とブルクシュタールガルト間の湖畔に高さ200mの8基の風車が計画されている。

Werden die Riesenmühlen gebaut, würden Einwohner von Cammin, Riepke, Godenswege, Gramelow, Quadenschönfeld, Warbende und Flatow nur 850 bis 2000 Meter von den Anlagen entfernt leben. Die Bürgerinitiative „Gegenwind um den Camminer See“ wehrt sich. 90 Prozent der Einwohner sind gegen die Stromtürme vor ihrem Dorf, sagt Initiativensprecher Burghardt Heller. Das zeigten die Betroffenen mit bislang 1300 Unterschriften auf einer Sammelliste. In Warbende sorgten sie mit Transparenten, Luftballons, einem Fanfarenzug aus Neubrandenburg und Argumenten für Gegenwind. „Schützt Mensch und Tier vor dem Windkraft-Wahn“, war auf einem Plakat zu lesen. Auf einem anderen stand: „Für unsere Kinder und Enkel – Kein Windpark am Camminer See.“

これらの巨大風車が建設されると、カミン、リープケ、オオーデンスヴェーゲ、グラメロウ、ヴァルベンデ、フラトウの住民は、施設から850~2000mしか離れていない場所に住むことになる。市民運動「カミナーゼーの向かい風」は抵抗している。住民の90%は村の電力タワーに反対だと代表のブルクハルト・ヘラーはいう。これまでに署名が1300集まった。ヴァルベンデでは「向かい風」に賛同して、透明の気球とファンファーレ行進が行われた。「風力狂から人と動物を守れ」というプラカードが見える。他に「子供や孫のために、カミンゼーに風力発電所はいらない」というのも見える。

„Unsere Grundstücke verlieren an Wert, unsere Natur wird zerstört, wer vom Tourismus lebt, verliert seine Existenzgrundlage“, sagte Initiativenmitglied Hans-Joachim Kasper. Er fordert von der Politik, dass die Mindestabstände zwischen Stromspargeln und Häusern verzehnfacht werden. „Schließlich wurden die Abstände festgelegt, als die Windräder zehn Mal kleiner waren.“

 

「われわれの土地の値は下がり、自然は破壊され、トゥーリズムに生きるものは存在意義を失う」と、メンバーのハンス・ヨアヒム・カスパーいった。彼は政策について、風力発電タワーと家屋の最短距離を10倍にすべきことを主張し、「結局、風車の高さが10分の1になって、距離問題は決着した」と。

 

Initiativen wollen enger zusammenarbeiten 運動は緊密な共同を望む

Unterstützt wurden die Windkraft-Gegner in Warbende von den Bürgermeistern aus Burg Stargard und Möllenbeck, aber auch von befreundeten Bürgerinitiativen aus Penzlin, Breesen und Ivenack. Die Bürgerinitiativen wollen künftig eng zusammenarbeiten, um schlagkräftiger agieren zu können, kündigte Burkhardt Heller an. Denn Kraft brauchen die Aktivisten, betonte Norbert Schumacher vom „Aktionsbündnis gegen unkontrollierten Windkraftausbau“ aus Penzlin. „Wir schlagen uns seit 1989 mit dem Thema herum, konnten aber nicht viel ausrichten gegen diese Beschlüsse und das Raumordnungsprogramm. Man hat fast keine Chance. Es wird Bürgerbeteiligung vorgegaukelt, die eine Farce ist.“ Die letzte Entscheidung liege beim Planungsverband. „Dieser kann größere Abstände und andere Kriterien festlegen. Allerdings haben im Planungsverband größere Städte wie Neubrandenburg und Neustrelitz die Mehrheit. Und die sind von den Windparks auf dem Land nicht betroffen.“

ヴァルベンデの風力発電反対者は、ブルグシュタルガル、メレンベック市長からも、またペンツリン、ブレーゼン、イヴェンナックの友好的運動からも支持を受けた。これらの市民運動は、攻撃力を強めるため、将来は密な共同を目指すだろうとブルグハルト・ヘラーは予告する。なぜなら、活動家らは力が必要だからだとペンツリンの「規制なき風力建設に反対する運動連盟」のノベルト・シュマッハーは強調した。「われわれは1989年以来、このテーマでやりあってきたが、この決議と、国土計画について何ほども達成できなかった。チャンスはほとんどない。市民関与のように見せかけられているが、茶番だ。最終決定は立案連盟にある。「連盟は遠い距離にあり、他の基準を定めている。けれども、ノイブランデンブルグやノイシュトラリッツのような大都市の立案連盟が多数派を占めている。そして彼らは、陸上の風力発電所なんって出会ったこともないのだから。」

Im Oktober rechnet die Bürgerinitiative mit einer Entscheidung. Die verbleibenden fünf Monate werden die Aktivisten vom Camminer See nicht untätig verstreichen lassen.

10月に市民運動は1つの決定を行った。この5か月間、カミナーゼーの活動家らは不活動のままだったと。

カテゴリー: 新着情報 パーマリンク
-->