ヘンな風力反対運動

山口県は伊豆や伊方と同じように、風力発電の被害が有名なところです。この記事にもあるように、風力発電の建設に反対なようですが、どうもおかしい。山口県の人々は、風力発電を推進する首長や代議士を選ぶ。安倍総理の地元だから、それは晴れがましいだろう。

風力建設に反対とはいっても、現に風力被害に苦しんでいる人のことは一切触れない。何のために反対?しているのか、その根拠がない。被害隠ぺいのカモフラージュよ。全国の「考える会」は連携していて、風力発電計画とセットになっていることは、度々このページで伝えてきた通りである。

御用学者を迎えて、被害の否定を繰り返す。当の風力被害者たちは、頭をやられているので「私たちは風力発電には反対ではありません」と繰り返す。そして私や窪田泰さんが心配して聞いてみると、極端な感情を爆発させて拒否反応する。伊豆や伊方、愛知県や由良町でも同じ対応になっていた。

私は地域対策の結果だと窪田さんに話したが、彼もひどい迫害を受けていて、個人的に恨みがましいエピソードを何度となく聞かされた。それが本当のことだから私も笑うしかなかったのだけれど。御用学者、御用運動家、自称被害者さん、いろんなハードルがあるようだ。ジャーナリストが訪ねて行ってもコテンパンにされるらしいで。

なんで日本列島をぐるりと風力発電で囲むように建設しなければならないのか。狂信的なグループもある。地球温暖化なんだと。私は一人、違うと思っている。世界の常識は、日本では非常識だと。風力発電の低周波被害で苦しんで亡くなっていった人たちがいた。それを直接見た役場や議員たちは手を叩いて笑った。地元の医者たちも知らん顔した。

私は抗議したので地域から総スカンを食っている。先日から秋風に代わり、すっかり気温が下がっている。同時に風力発電の発する有害な低周波が脳髄に浸みて響く。畑地区だけでも50人を超す被害者がいるのに、誰もが「被害はない」と怒りをあらわにする。狂っている。由良町の風力発電を撤去してくれ。

 

カテゴリー: 新着情報 パーマリンク
-->