ベースロード電源の本音

7/2日、産経新聞を見ていて、アレッ、と思いました。ベースロード電源は今までのままで火力、原子力、水力、となっていました。再エネさんはありません。高いからね。風が吹かないと使い物にならないし、電圧も一定しない。狭い日本ではこれ以上の普及はない。

しかし「安価な電力」と書きながら、水力は再エネと改名して高額な電気になったのではないか。再エネ賦課金の使い道は誰にも分からないけれど、天下の悪法は早く廃止にしたらよかろうに。利権にするからおかしくなるのだ。

自然エネルギー、クリーンエネルギー、といったサギ言葉は、すっかり汚れてしまった。由良町の風力発電を止めてくれ。全国の風力被害地には、私と同じ思いをして苦しんでいる人がいるはずよ。

 

カテゴリー: 新着情報 パーマリンク
-->