被害者をウソツキだと言って笑いものにしてよいのか。

風力発電の低周波被害を訴えて、抗議しているのは私一人になった。私に依頼した被害者たちは次々と死んでいくし、すぐに裏切って、「私たちは風力発電には反対ではありません」と言い出すし、地域社会から散々なからかいと弾圧を受けてきました。

低周波音被害を受けて苦しんでいることは事実であるし、汐見先生や海外の研究論文からも、まず間違いのない公害でした。エライ役をもらったものよ。私は、由良町役場、議員たちの対応が不思議でなりませんでした。彼らは被害者から何度も低周波被害の訴えを聞いているのに、「聞いたこともない」「関係ない」と繰り返すのです。

そして被害者が亡くなると手を叩いて笑って喜ぶのです。私が地域の人に、風力発電の低周波で苦しんでいる人がいると話すと、「アホよら。アホよら」と笑いものにしてオチョクルのです。勝ち誇ったように「関係ない」と偉ぶる態度に、なんやこれはと残念でなりませんでした。

それでも添付のDVDを配ったり、ノートパソコンでアップして見てもらったりしたものでした。汐見先生に手渡された資料も配った。ほとんど全員が、私の訴えを拒否したことは2月の選挙で実証された。選挙が終われば私への悪口が収まるのかと思ったら、これをきっかけに噴出したように、私への憎しみや風力被害の否定を聞くことになった。

「風力でウソばかり言う」と。なんか理由がありそうです。由良守應は二百叩きの刑と和歌山からの追放処分を受けた。陸奥宗光と三年も刑務所で暮らした。詳しい理由は知らない。そのことを思うと私への弾圧など可愛いものか。何よりも被害者たちは低周波音に苦しめられながら、役場から、議員から、地域社会から、散々な虐待を受けて死んでいったのだ。

泣きながら私に掴みかかってきた人など、普通ではありえない感情を私にぶつけてきた。もしかしたら、あの時、私だけが彼らの吐け口としてその場にいたのかもしれない。家族のものでさえ、聞き入れられなかったのだ。添付のyoutubeを見てください。この人たちが嘘をついていると思いますか? 「関係ない」「誰も被害者はいない」という人ほど、選ばれた悪党を演じていると思いませんか。

被害を否定して、何をそんなに喜んでいるんでしょうか。私は、地域社会のほとんど全員が、被害者を否定して無視する現実に「恐ろしいことだ」と身の毛のよだつ思いをしています。善悪とか、何かおかしいと感じませんか。「風力発電の被害」とは、このような恐ろしい現実を見ていただくことを目的にしました。由良町の風力発電を止めてもらいたいのです。

2018.1/20日、1/22日に録音もあります。2019.2/7日の録音も聞いてみてください。

風力発電の羽根の下で

 

 

 

 

 

カテゴリー: 新着情報 パーマリンク
-->