風力発電の建て替えが始まっている。

御坊市周辺の風力発電計画とともに、日高川沿いに立つ風車が立て替えられるらしい。当初から「うるさくてならない」という話を聞いていた。ところがしばらくすると何も被害の声は聞かなくなった。由良町の畑地区と同じです。

みなさん固く口を閉ざすのですから相当な圧力があったんでしょう。私なんかはもうコテンパンよ。地域ぐるみで私の被害を否定するんだから、何が起こったんだろうか、と驚くばかりでした。

谷口さんからはすぐに「由良さん、これ当たりやな」という電話があって、その谷口さんも段々に変わっていく。社会的な圧力、地域対策はそれほどすさまじかったらしい。私は何度も「出ていけっ!」と叫ばれた。自分から私に頼みに来たくせに、よく言うよ。他の被害者からもよく聞かされたものでした。

風力発電の低周波被害には基準も規制もありません。大体、被害のあることを認めない。被害者は「精神疾患のもの」と書かれている。世界中で日本だけだろう。アメリカやヨーロッパでは、普通に被害者たちは「Stop Wind turbine」と抗議運動をしています。

つまり日本では、あらかじめ反対運動が出来ないように被害者つぶしをしていたということです。野鳥の会や日弁連など、きめの細かい環境運動?の犠牲になっていました。

再エネ推進、風力建設の利権に、せっせと協力して低周波被害の否定を繰り返しました。被害地域を追い出された人、苦しみながら亡くなった人がたくさんいます。行政の手先となって、被害者を弾圧して自己実現して喜ぶ人がいます。

みなさん、風力発電を止めましょう。由良町の風力発電を撤去してほしい。泣きながら死んでいった被害者がいます。これは殺人事件です。

 

カテゴリー: 新着情報 パーマリンク
-->