風力発電の危険に気が付いてください。

最近あちこちから『風力発電の被害』について連絡をもらいます。全国では風力発電の反対運動が盛んになっていて、「考える会」とかいうグループが目白押しです。これって、おかしい集まりで、近くに風力発電の低周波被害で苦しんでいる人がいるのに、全く無視を決め込んでいます。
「止めろ」とか、「反対」とかいう抗議や主張はありません。あくまでも「考える」だけです。考えるとは、上手い表現です。初めからケンカするつもりはないのです。あくまで「内向き」です。そして方向を逸らせる話に導きます。

先天的な疾患、聞こえない音は感じない、疫学的な調査が必要、裁判が出来ない、風景が壊される? いろんな理由を難解な理解のできない学術用語を使ってリードします。情報提供する裏方があるということです。

しかし反対運動に参加する人たちは高度な説明会にすぐさま納得してうなずいてしまいます。皮肉な話ですが、「考える」ということ、人間性を奪われるのです。産廃建設の反対運動と同じで、反対運動をしているのが事業者だった、なんて笑えない現実が明らかになっています。

つまり、反対する人を隠ぺいするための、封殺が目的なのです。由良町でも、伊豆でも、伊方でも、散々見せてもらいました。汐見文隆先生が迫害されて追放されたことがきっかけでした。私もやられました。野鳥の会や日弁連など、環境運動家による弾圧も凄いものでした。風車ファシズムです。

そんな中でも、「風力発電の危険とは何か?」と真剣に聞いてくる人がチョイチョイいます。それぞれ各地で風力計画を中止にする原動力となっています。私は最初から、「スパイがいるから気をつけてな」、と注意しています。環境運動家は行政と繋がっていて、全国的な連携があるようです。

マルキシズム、ナチズムと同じです。「ドイツではうまくいっている・」「ドイツでは・」と受け売りの言葉を話すのですぐに分かります。あたかも風力発電が悪いように話すのですが、被害は更年期障害だとか、思い違い、あるいは「裁判できるか?」と脅したりします。

ですからまやかしの風車反対運動は時間稼ぎ、駆け引き、環境運動をしているという実績、趣味の道楽、でしかないのです。それを不満に思い、見破る人がいるということです。風力発電の被害とは、2つありますから、これだけ理解してください。

1.風力発電が出来たから、風車病という低周波被害に苦しむことになった。物理的な把握。卓越した有害な低周波が観測される。
2.風車病、低周波被害にあうと、独特な苦しみに襲われます。頭痛、目まい、肩こり、体のしんどさ、不眠、首の痛さ、耳の痛さ、性格が変わる、など、たくさんの症状に狂います。ガンになったり、ガンを患っている人に被害者が多くいます。体の弱っている人に被害があります。

環境省や行政は、この被害を否定しています。水俣病と同じ仕組みで、原因と結果が明らかになっているのに、因果関係はないと言い続けています。風力業者は、さらに悪質です。由良町の風力発電は大阪ガスですが、大阪ガスに風力被害のことを聞いてみると分かります。ぜひ、電話して確認してください。

由良町役場では、私がこれまで7年間も連続して被害を訴えていますから、28回の被害否定の答弁を聞いてみると、いかに人が残虐になるかということが分かります。水俣病と同じです。被害者を差別して虐待するのです。被害地域では、私のように被害を訴える者を排除しています。「出ていけ」と叫ぶようになっています。

人は虐待されると人としての自覚をなくします。伊豆では、多くの被害者たちはアホらしくなって引っ越して逃げ出したでしょ。被害地域、計画地域で風力発電に反対する議員はいません。たぶん私一人です。みなさん世渡りがうまいんです。政治の貧困としか言いようがありません。

私たちが政治をないがしろにしてきた「ツケ」がこの有様です。ですから皆さん一人一人が関心を持って、何が行われていて、何が悪いのかを、しっかりと監視する必要があります。

議員さんは、しょせん素人です。利権なしで動く人は誰もいません。道徳をなくせば、ダダの悪徳議員です。このことも理解する必要があります。

 

 

カテゴリー: 新着情報 パーマリンク
-->