風力発電を拒否した人たち

全国には既にたくさんの地域で風力発電を排除してきた人たちがいます。その一つ一つに、たくさんのドラマがありました。添付写真は「産廃お勝手口」からお借りしたものですが、各家庭に張り紙をして意思表示をして、建設計画を追い払いました。ここまで来るためには、近隣でたくさんの被害者が自宅を追われたり、人生を破壊された被害者の恨みがあふれていました。

たまたま坂口さんのように被害を伝える人がいました。地域の人たちに風力発電の危険性と、ウソ八百の事業説明、アセスがあることを知らしめました。地域の人も坂口さんに賛同した。これが風車被害から逃れることが出来た要因でした。役所や会合で、風力被害の仕組みを説明するためには相当な勉強をしたはずです。

各地の被害地に出かけて被害のありさまを聞いたという。議員さんは、あまり役に立たなかった。エコ利権と保身があるからね。天秤にかけるんですよ。そして被害者は絶対に助けない。私が嫌う環境運動家は、野鳥の会や日弁連、グリーンピースなどで「地球温暖化ビジネス」に染まってしまった人たちです。

あたかも風車被害を心配する風を装いながらも、更年期障害だの、関連が証明されないだの、地域活性化だの、環境省の受け売りの言葉を繰り返します。それぞれに金をもらったり、仕事を廻してもらったりしているんだろうけれど、良心を売り渡してまで風車の建設に協力する様は哀れなピエロにしか見えないものでした。

低周波被害を否定して、被害者を弾圧するのは、その悔しさからでしょう。非道な連中です。各地の風車被害地では、マニュアル化された弾圧が続いています。既に転居して抗議する人のいなくなったところでも、繰り返し被害の否定と地域活性化の成果を誇ります。私は本当に公務員にならなくてよかったよ。私なら三日と続かないだろうね。

同級生には優秀な人が公務員になっているけれど、それぞれが環境運動家のように知らん顔して被害を否定している。高学歴の人に対する劣等感がスーッとなくなった。由良町で引き起こされた風車被害は、谷口さんたちに頼まれたからだけれども、「人が、どうしてこのような酷いことができるのか」という場面を何度も見せられたからでした。

議員たちは被害者が亡くなると手を叩いて喜んだのです。それぞれに理由があるということです。谷口さんの時は、5、6人の議員が合唱して笑いものにして喜んでいた。合掌ではないですよ。アホにするコーラス合唱です。よくもそんな人でなしのことができるものよ。恥を知れ。

 

カテゴリー: 新着情報 パーマリンク
-->