固定価格、ってやっぱり変!

1kw時が48円ですか。一般家庭の電気代が大体15円だから、相当な利益になっています。原資は再エネ促進賦課金11%、ドイツは30%を超えているというから異常です。もちろんこの他にも補助金があります。

31年度は24円か。それでもお高いですよね。農家は収入が少ないのでミカン畑を太陽光にして、ずいぶん儲けたという話を聞いています。全国で同じことになっているらしいです。

私はできませんでしたけど。頭の上に風力がいくつも回っているのでね。環境運動家のいつものウソに、「蓄電設備はもうできていて、これから普及します」という言葉を何度も聞きました。「電気自動車があるでしょう。

あれと同じですよ」なんてね。彼らはオーム教と同じでした。私のような風車被害者を弾圧することが主目的でした。そして行政に繋がることが。今も学会などに行くと、この手の学者さんが掃いて捨てるほどいます。

理想と現実の区別が出来ないのです。添付記事は太陽光ですが、年間2兆円余の再エネ賦課金で、何か良いことがありましたか?

石炭を焚けば、1/5ほどで済んだんでしょう。大本営発表には隠ぺいの闇がいっぱいよ。底抜けの無責任しかありません。金持ちの道楽もいい加減にしませんか。マネーゲームになってないで。

 

カテゴリー: 新着情報 パーマリンク
-->