風力発電に反対しよう。日本を取り戻そう。

テレビや新聞を見ていて、電気の逼迫とか高騰とか、責め立てられているように感じないか。そして再エネだと言う。原発再稼働だと繰り返す。参院選のスピーチもあって、支離滅裂やなと思うのだ。日本人に考えさせない、選択は任せてもらおう、という魂胆だ。いや、もともと日本人には何も判断する能力は奪われていた。

由良町で、風力被害を訴えた時から、日本人の内面に巣食う厭らしさをこれでもかと見せられたものよ。たまたま「くまもり」という環境保護団体と話をした。宮城には風力発電やメガソーラーがたくさんあって、自然破壊が酷いと言うのだ。いろんな団体さんが協賛して、結構賑やかにやっているらしい。

私は日本海側の山形や秋田の現実を反面教師にしたんだろう、ぐらいに思っていた。いやいや、よく見ると同じ有様になっている。言っていることも、土砂崩れや地下水が~、と同じ言葉が連呼されている。反対、と言っても、それはスパイ工作員の言うことで、現実に着々と進行している再エネ開発には合意形成の一コマになっている。

被害者の声がない。「Stop wind turbines」の言葉がない。全国どこでも行われているマニュアル通りの運動会だ。環境運動やってますっ、て感だよ。地域活性、雇用促進、町の発展、いろんなスローガンが上滑りする。何も考えなくっていいからね。だから「考える会」と言うんだ。海外ではちゃんと被害に抗議しているで。

地域の人が協力して、社会を守るために戦っている。こんな情報はインターネットで自由に見られるはずだ。そして人に伝えられるはずなのだ。私も結構頑張ったからね。しかし誰も受け取ってはくれなかった。両手を後ろに回して、知らんよ、関係ない、とアホにして笑われている。彼らは面白いのだ。被害を訴えるものはゴク少数で変わり者じゃないか。

前ページにアップしたように各政党は、低周波音被害を否定している。環境運動家たちは土砂災害が心配だと繰り返す。再エネ百パーセントだと言うのだ。海外とのこの落差、大きな地割れはいったい何を意味するんだろう。社会の崩壊、と思っていたけれど、どうもそれだけではない。参考例に宮城を添付したけれど、金儲けのダシ、被害者の隠ぺい、環境運動会、それらが面白いのだ。

すべて税金だからいくら使ったって次から、次へと湧いてくる。ドイツに比べると、日本の電気はまだまだ安い。これからが稼ぎ時になる。再エネバブルだ。環境運動会だ。グレタさん、バンザイ。由良町では10人以上が風車病に苦しみながら死んでいる。宮城にないはずはないわな。それが面白いのだ。由良町と同じで、手を叩いて笑っているだろう。

恐ろしい事態だと思わないか。「風力の被害など聞いたこともない」各地では同じ言葉が繰り返される。なんで誰も「それは違う」と声を上げないんだろう。私がヘンなのか。海外の風力反対運動が間違っているんだろうか。答えは、初めからあると分かっている。日本人にはそれがどうしても分からない。

アホにされたっていいじゃないか。風力発電の低周波で苦しんでいる。だから止めてくれ、と言えばいいんだ。オオカミ少年か。結構じゃないか。

カテゴリー: 新着情報 パーマリンク
-->