やっと日本でも事実が紹介された

再エネ・ビジネスはペテンである。太陽パネルでも風力発電でもそれは変わらない。技術革新が重要だ、と言いながら、よっぽどカネになる仕組みがあったんだろう。ひどい惨劇が各地で行われているのに、人々は被害者が死んでも逃げ出しても高笑いの毎日だ。最初は政治や行政が悪いのかとも思っていた。風力業者は所詮ダミーで隠れ蓑だったからね。寄せ集めの社員を見れば分かっただろう。

野鳥の会などの自然保護団体の環境運動家、あるいは俄か仕立ての環境活動家たち、それぞれに被害を隠ぺいして悦に入っていたものよ。雇われていたんやね。反原発と同じで、なんだこりゃ、と思っていた。NHKなどでは地球温暖化だと煽り、サブリミナル効果で風力発電の風景を繰り返す。民放の風力の広告はもっとすごい。何が自然エネルギーなものか。吐き気がしたよ。

やっと日本でも風力発電の今が報じられる。すべて詐欺だったのだ。h23年の環境省の報告書に、「被害を訴えるものは精神疾患のもの」と明記した時点で、これは違うだろう、とピンとこなければいけなかったのだ。h18年の伊豆や伊方の風力被害を総じてこんな結論を謡うんだから狂気の報告書だったのだ。誰もそれを抗議しなかったんだから恐ろしい政策よな。

カネのために罪もない人々が粛清されていた。笑いものにされて消されていた。私は各地の自称風力反対の人々に、由良町の情報を送り続けたけれど、結局誰一人として応えてくれる人はいなかった。「迷惑なんだよ」とあちこちで拒否されていた。窪田泰さんと同じだった。環境運動家は連携していたからね。まったくひどい連中だったよ。この記事を見ても人々は何のことだか分からない。

見れども見えず。聞けども聞こえず。魔法にかかった夢遊病者となっている。何でも言うことを聞く奴隷、囚人になっていた。h24年、由良町役場には毎日、たくさんの人が風力発電の被害に関して電話したことを聞いている。議会では、「一つもそのような問い合わせはありません」とハッキリと証言した。千両役者よな。普通の者なら事の重大さに青くなるか倒れるような事態なのだ。

それを笑ってやり過ごすんだから大したもんだよ。電話して聞いた人たちも、その後、なんの感想もなくすぐさま忘れ去っていた。毎日4、5人から問い合わせがあったというから、この10年の間には相当な人数になっているだろう。ちなみに私は東伊豆町や南伊豆町の役場に電話して聞いている。「被害はありますか」、「いいえありません」その繰り返しであった。地獄に落ちろ。

年末に、長州新聞には礼を言っておこう。ありがとう。考え方には多々、違いはあるけれど、やはり真実は一つだ。あの谷口さんも最後までそう言っていた。ウソを搗き通したところで、正解はここにある。この十年、被害が分かっていながら被害者を虐待した人たちの冷酷さと人間性が社会を覆ってきた。これからもそれは変わるまい。しかしそれは転落した人の烙印として、ナチス党員のように、社会に刻まれる。

加害者の話よりも、被害者の証言だ。各地の偽物の風力反対運動は、これから転機を迎えるだろうか。その兆しは一つもない。水俣病や福島の被害者を見ると、日本がなぜ、こんな被害に合うのか分かるのだ。風車病、日本の風土病だ。由良町の風力発電を撤去してくれ。たくさんの被害者が苦しみながら死んでいった。

カテゴリー: 新着情報 パーマリンク
-->