原発の売り込み

今日の産経記事だが、あれだけ原発の大惨事を見せながら、何の解決にも至っていないのに、原発推進とはすごいじゃないか。温暖化防止が目的とある。原発の温排水は何も書いていない。あれだけ大量に放出しているのに知らん顔か。各地の排水口近くの貝類は大きくなっても誰も獲るものがいないという現実。

磯焼けで不漁だけれど、誰も抗議する人はいない。白い腹を上にしたチヌなどを網ですくって持って帰る人がいたよ。食べるんだろうか。原発は再エネとセットになっている。どちらも火力発電がないと動かない。使い物にならない再エネのクズ電気に対して、原発はベースロード電源になるという期待か。

しかしもういらないだろう。揚水式ダムとか、エコキュートの夜間電力とか、無駄にしか思えないのだ。再エネ賦課金も無駄だよな。誰がネコババしているんだろう。風力発電のように被害ばかりが大きくて、自然エネルギーだというイデオロギー、精神束縛で人々をダマクラかす。風力の電気なんて、使われない電気なんでしょ。

「増え続ける電力需要」と書くが、何のためにそんなに電気が必要なのか。本当はもう電気は余っていると聞いている。再エネを止めたら電気代が安くなるやん。原発は、もういらんとみんなが思っているで。この記事の人たちはどうも怪しい。信用できないんだよ。

電気は、人々の暮らしのためにある。金儲けのため、支配欲のため、誇大妄想のためにあるのではない。被害地域の人々をアホにして弾圧する光景は、もう見たくはないのよ。

カテゴリー: 新着情報 パーマリンク
-->