国連の気候変動サミットは仮面舞踏会だ。

COP25はもうボロクソやね。大体、最初からウソの上塗りを繰り返して、できもしない、ありもしない約束をして、それが国際政治だと言ってお祭り騒ぎよ。グレタさん(16)は、象徴的だった。その程度のもの、でしかないのだよ。最後の欄には、やはり年間に5兆円を費やし、これまでの17年間に80兆円を費やしたとある。

何か成果があったんだろうか。風力発電は、電源として機能していない。一切の事業内容を秘密にして、大本営発表のウソばかりを繰り返す。今、全国で洋上風力発電を建設するという。ここでも地球温暖化、CO₂削減だという。再エネの根拠は、とうに破綻しているのに、この不思議な風力事業は何の意味があるんだい。

カネかい?一度、発電内容とか、利用状況とか、低周波被害の実態を調査して、毎年5兆円がどこに使われたのかを明らかに開示してもらおうではないか。すべて税金や。スッと抜けのザルになっているはずやで。

カテゴリー: 新着情報 パーマリンク
-->