秋田県の由利本荘市の風車被害です。

風力発電で風車病になって苦しむ人がいるんだったら「風力発電を止めろ!」と抗議運動しましょう。アメリカやヨーロッパでは、とうに「風力発電はいらない」、「風車を止めろ」、と言ってデモ行進が行われています。日本は、情報を遮断されて、風車被害を否定して、低周波音被害を否定しています。

被害者にはひどい弾圧が加えられます。野鳥の会、考える会などの環境保護団体が優しい言葉で被害を否定します。彼らは環境省や行政の手先です。アセスメントなどで傘下にあって活動しています。被害があることは分かっているんですから、いつまでも騙されていないで怒りましょう。まだ被害者たちは生きてるんでしょ。

被害者を虐待して笑って喜んでも、誰かがそれを見ています。有害な低周波音被害だけではありません。風景が壊されます。社会が壊されます。金儲けのダシにされていることに気が付いてください。私は、由良町の風力発電を止めてくれと抗議しています。しかし町民は「被害はない」として私を拒否しました。

小さな谷あいの町ですから、被害にあって苦しみながら死んでいった被害者たちがいたことを直接、皆知っているのにです。呪いをかけられるとこんな惨劇になります。私は殺人事件だと思っています。

カテゴリー: 新着情報 パーマリンク
-->