新着情報」カテゴリーアーカイブ

被害を訴えない反対運動なんて、

世界では、風力発電の被害に対して猛烈な抗議運動が起こっている。低周波被害だ。フランスのように、景観の破壊だ、というお国柄もあるだろう。それは日本も同じで、もし京都の東山にでも巨大な風力発電ができたら、それこそエライことに … 続きを読む

カテゴリー: 新着情報 | 被害を訴えない反対運動なんて、 はコメントを受け付けていません

理屈より、風車は本当に必要なのか?

風力事業に外国企業が参入している。太陽パネルでも、既に外国にやられているから、私たちの税金が平気で海外に流出していく。再エネ賦課金など、高い金を支払って、自然エネルギーだというスローガンで、なんで誰も疑問を持たないのか、 … 続きを読む

カテゴリー: 新着情報 | 理屈より、風車は本当に必要なのか? はコメントを受け付けていません

電気は貯めておけない。

北陸の大雪で、電気がひっ迫しているらしい。産経記事では、天気が悪いので太陽パネルは発電量が落ち込んでいると書く。当たり前ではないか。雪の日もあれば雨の日もある。夜は当然発電しない。そして電気は貯めておけないとまで書いてい … 続きを読む

カテゴリー: 新着情報 | 電気は貯めておけない。 はコメントを受け付けていません

産経の懲りない提灯記事のアホらしさ

産経のアホ記事は、もう確信的やね。大雪が降ったら太陽光は発電しない。もともと希薄な太陽光よ。そんなもの当てにする方が可笑しいのだ。風力だって、所詮は風任せよ。天候不順だからと言って、言い訳にはならないし、初めから役に立た … 続きを読む

カテゴリー: 新着情報 | 産経の懲りない提灯記事のアホらしさ はコメントを受け付けていません

振武隊、特攻隊の本を読んだ。

やはりな、と正直に思いました。大叔父は兵役を拒否して、「あんな戦争で死ねるかよ」と吐き捨てるように言っていた。他の大叔母は息子が何人も戦争でとられて亡くなっていたから、複雑な葛藤があった。祖母は国防婦人会の会長さんで、言 … 続きを読む

カテゴリー: 新着情報 | 振武隊、特攻隊の本を読んだ。 はコメントを受け付けていません

この記事が、日本でどのように展開されるか考えてみたことがあるか。

風もないのに風車が回っている。ハウステンボスの風車じゃあるまいに、由良町の21基の風力発電を見て、ジャーナリストたちは同じようにつぶやいた。私もコンサル会社で、同じような仕事をしていたから、やはりな、と、誰が見たっておか … 続きを読む

カテゴリー: 新着情報 | この記事が、日本でどのように展開されるか考えてみたことがあるか。 はコメントを受け付けていません

原発と再エネ、この記事、おかしいと思わないか。

先日来の寒波により、大雪のニュースに、電気のひっ迫が報じられている。発電所では、最大限の稼働を目指しているという。しかし太陽パネル、風力発電のダメさはどうだろう。必要な時に、必要な電気を送る。これが鉄則だ。天気任せ、風任 … 続きを読む

カテゴリー: 新着情報 | 原発と再エネ、この記事、おかしいと思わないか。 はコメントを受け付けていません

風力発電の被害とは、主に低周波被害のことやで。

前ページには、各地の風力反対運動の理由が「土砂災害」という言葉にすり替えられている、と書いた。youtube動画などにアップされているように、環境運動家らによるエセ運動には、決まって低周波被害の否定が刷り込まれている。問 … 続きを読む

カテゴリー: 新着情報 | 風力発電の被害とは、主に低周波被害のことやで。 はコメントを受け付けていません

低周波被害の言葉が消されている。

風力発電の被害に反対するために、核心となる風車病、低周波被害の言葉が消されている。この記事にも土砂災害が問題だ、なんて書いてあるけれど、奇妙な感じに気持ちが悪いのだ。以前も御用学者のH理論とかいう低周波のA特性を、言葉を … 続きを読む

カテゴリー: 新着情報 | 低周波被害の言葉が消されている。 はコメントを受け付けていません

和歌山の洋上風力に反対しよう。

和歌山県でも洋上風力発電の計画が進んでいる。私は近隣の漁師などに資料を渡して、風力発電がいかに被害があるのか説明してきた。たいして発電の役には立たないし、金儲けのダシにされるだけだ、ということも付け加えた。.しかし現実は … 続きを読む

カテゴリー: 新着情報 | 和歌山の洋上風力に反対しよう。 はコメントを受け付けていません