くたばれ、エセ反対運動会

前ページには、h20年、伊豆や伊方の風力被害を受けて、新聞が「土砂災害が心配だ」と言葉をすり替えている証拠を提示した。それが今も盛大に各地の自称反対運動で継続して行われている。h19年、東伊豆町の被害者たちは「風力発電の被害調査報告書」を取りまとめて全国に発信した。

たくさんの環境運動家が集められたから、彼らは何が被害の原因であるのか分かっていたはずである。それが各地の反対運動になるのかと思ったら、全然違った展開になっているところが、それ以降の風力被害の拡大につながっていく。それぞれの地域では風力被害者は貶められ、「あの人はウソを搗いている」、「更年期障害だよ」と嘲笑されるようになっていた。

全国で金太郎飴のように同じパターンで風車病の実態は否定されていた。御用学者を招いては障害者の症状だと言い、一般の人には影響はないと触れ回っていた。あたかも心配そうに話しかける環境運動家たちのトリックよ。彼らは行政と連携していたのだ。

一度でも彼らが、海外で展開されているように「Stop wind turbines !」(風力発電を止めろ)と訴えたことがあったか。被害の原因は卓越した低周波空気振動である、と言ったか。彼らは「考える会」と言って、何を考えたんだろうか。私は当初から、彼らは「エネルギーかなんかを考える」集まりだそうだ、と聞かされていた。

健康被害を云々する集まりじゃないんだ、と言うことだった。役場内の共通認識よ。単なる地域対策の一環として、彼らは動員されていたのだ。私に対する嘘八百もすごかったよ。よっぽど私を敵視していたんやね。私には全く知らない人たちだったのに。

谷口さんなどの風力被害者が、たまに体験談を語る舞台が用意されたが、それは道具の一つで、ピエロの役割に過ぎなかった。笑い話のダシであった。私は何度か、谷口さん宅まで環境運動家を案内したことがある。この10年で、20人くらい連れて行った。谷口さんが生きていた時もあったし、亡くなってからのこともあった。

みなさんペラペラと、よく喋っていたものよ。「私は太陽パネル、メガソーラーをやろうと思うの、だって風力は難しそうだから」どんなに説明しても分かるはずはないわな。ガックリ来たものよ。自称、市民運動という欺瞞もある。再エネ信者の集まりで、地産地消とか再エネを頑張っていくという。低周波被害者はコテンパンだよ。

重症の被害者は、とうに頭をやられているから、どの地域でも太刀打ちすることはできなかった。誰も助けない、どころか、弾圧の嵐であった。これが面白い、と言うのだから私は目まいがしたものよ。風車病の苦しみと、人々の虐待を受けて、死んでいく被害者たちの断末魔を見ながら、社会の崩壊やな、と『風力発電の被害』を書き、このホームページを書き続けた。

今のところ賛同する人はいない。Twitterなんか酷いもんやで。各地の被害者や、関係者も見ているだろうにね。へ~え、そんなことがあるんですか? だけの話よ。人は社会を作り、社会が人を作る。アフリカやハワイの土人でさえ、「風力発電は危険だ」と言って抗議している。

なんで日本人が、被害を受けて苦しみ、死んでいく被害者を笑いものにして喜んでいるのか。世界の異様な風景として、注目されている。映画『MINAMATA』は、そんな海外からのメッセージだと見ている。それが日本人には何のことやら分からない。インディオ、アボリジニみたいに動物として殺される日が来るようだ。殺す方は人だとは思っていない。害獣駆除だ。これが世界標準だ。

カテゴリー: 新着情報 パーマリンク
-->