再エネはゴミの山

風力や太陽パネルは、電源として役に立っているんだろうか。企業秘密だとして、日本では一切の成果は出ていない。税金でやっているのにね。そして誰もそのことに抗議する人がいないのは、とても不思議だ。これまで海外の風力反対デモ、風力被害の調査研究報告書を紹介してきた。

日本だけ、Stop wind turbine ! の言葉がない。そして学者たちの被害に関する研究がない。風車由来の低周波音は確認されなかった、と言うんだから話にならない。これが日本の学者という人種の正体であった。水俣病の時と同じよ。被害の原因物質を測ってはならないのだ。それは福井の原発事故にもつながっていく。

被害者はありませんと。今日の産経記事には、新たにイノベーション国債を発行するとある。再エネ賦課金など散々に税金を集めながら、さらに濡れ手に粟の集金システムへと進んでいく。日本の庶民は貧乏で、何かをジッと我慢して暮らしているように見える。まるで囚人だ。

とくに私の住む由良町では、風力発電が山々に21本も林立していて、狭い谷あいの集落を見下ろしている。本当は皆さん被害のあることを知っている。その上で私を憎悪して笑って喜んでいるんだから、なんだかご苦労さんとしか言いようはない。谷口さんら被害者たちが苦しみながら死んでいった時も手を叩いて喜んでいたから、もう近寄れない。

伊豆や伊方、各地の被害地でもそうだろう。たくさんの人が役場に電話して、どうなっているんだ? と聞いたと思う。どちらも確信犯であるのは分かっている。被害はありませんと。結局、太陽パネルにしろ、風力発電にしろ、カネが有り余っていたんだね。その汚いカネの行き先を求めて、アホな田舎町を犠牲にして自然エネルギーの町に作り替えたのだ。

人々は大喜びだったよ。イノベーション、技術開発が重要だと国の政策として言い続けている。その中身は誰にも分からない。福島の風力実験には600億円も費やしたという。撤去費用には50億円かかったという。それで成果が得られたというんだから大したものよ。福島の再エネ事業を誰も検証しない。タブーなのだ。被害者は、もっとね。

なんで日本だけ抗議デモがないんだろうか。それほど弾圧が恐ろしいのか。100年ほど前、幕末、維新にかけて、日本国中に志士という勇者が沸き起こったではないか。そして武士政権、軍事の徳川を終わらせた。我々日本人にはその遺伝子がそのまま流れているはずだろう。日本でも、本当の反対運動、抗議をやってみないか。

安政の大獄や、蛮社の獄があってもよいではないか。風力裁判で警察がどういうものだかよく分かった。風力被害など聞いたこともないと。国会では、与党も野党も再エネ党だ。こんな可笑しな国会もない。政治は役に立たなかったのだ。再エネは詐欺だ。誰が金儲けして笑っているのか、関係者ならとうに分かっている。

行政も政治も、頬かむりしているだけよ。「風力発電を止めろ」Stop wind turbines! と日本でも言おう。たくさんの被害者が苦しみ狂わされている。

カテゴリー: 新着情報 パーマリンク
-->