人々の恨みを買う。

歴史上の人物を書き並べて、なんで彼らが憎まれて殺されたのか、その論理を解説して見よう。それぞれに脈絡はないから、記事の内容には無理があるけれど、そんなことかもしれないな、と思ったりする。私も歴史物語が大好きだからね。佐和山の城に行くと、なんか可哀そうなものよ。

それも原因は、人々の、政治への不満が強烈にあったからだ、というのだ。今、風力発電の被害を訴えているのは、日本では私一人だ。10年前、私が由良町の風力被害に関わることになった時、全国にはたくさんの被害者が苦しさを訴えて、それぞれに連絡を取っていた。

私一人ではない、多くの同じ被害に合った苦しめられている人たちがいる、そんな共通の話題や情報を伝えあったものだった。とくに東伊豆町には、各地から人々が押し掛けたようだ。汐見文隆医師や窪田泰さんもその中に居た。やはり日本独特の社会風土なんだろうか。

アメリカのニーナビアポントのように、汐見先生は的確に風力被害の本質を伝えた。窪田さんも低周波音被害の原因である卓越した被害成分の測定データを明らかにした。しかし彼らの恨まれようよ。やがて私まで、すぐに人々から憎まれて排除されてしまう。風車病に苦しむ被害者でさえ、感情をむき出しにして私に叫んでいた。

「出ていけっ!」とさ。私への弾圧はすごいものよ。汐見先生らは他所の人だから、和歌山市や国立市の自宅に帰ればそれで済むけれど、私なんか被害地域に住んで仕事に精出さなければならない。人々の洗脳されて扇動される演出をまざまざとみることになる。「風力はワシらのものや。オマエラ関係ない」被害者でもそう叫ぶようになるのだ。

最近、被害地のへたばりの様子を聞いたりする。常時、卓越した、倍音のある、低周波空気振動に曝されているのだ。何もないわけはないわな。いや、これまで散々に彼らの様子を書いてきたから、何が風力発電の被害なのか、全国に伝わったことと思う。それでも各地のエセ反対運動では、土砂崩れが心配だと恥ずかしげもなく繰り返している。

水俣病と同じやり方だ。海外では正確に、「風車を止めろ」Stop wind turbineと言って抗議している。なんで日本だけ、被害の原因を言葉にして話ができないんだろうか。国の政策に勝てるはずがない、そう観念しているんだろうか。たとえ国策であっても、金儲けのダシにして笑っている悪党はどこにでもいる。

そんなものに、何で人はひれ伏して犠牲にならなければならないのか。由良町だけでなく、全国の被害地、反対運動する人に分かってほしいのだ。それらの人の不満が、私一人に憎悪として収斂しているんだろうね。とても近寄れないんだよ。被害地や被害者にはね。

カテゴリー: 新着情報 パーマリンク
-->