やっと日本でも事実が紹介される。

たまたま私がドイツ語が少し分かったので、環境運動家や環境省の言葉に、アレッ、ヘンやな、と疑問というか不信感が募っていった。小林先生からDie Welt誌の記事など見せられると、そうやろうな、と日本社会の欺瞞が明らかになっていた。「ドイツに習え、ドイツでは上手く行っている」全て嘘だったのだ。

汐見先生の話からも低周波音被害のメカニズムは理解していたし、それを否定する御用学者や、巷の人々のアホらしさに、これは違うな、と陰謀の酷さに嫌悪したものだ。末端の野鳥の会などのスパイ、工作活動は吐き気がするものだった。今も各地で偽物の反対運動をしているし、被害を否定するバカ話を繰り返していることだろう。

ぜひ、記事にあるようなドイツの実態を見てほしい。「Kein windpark」、「Keinwindkraft」(風力発電はいらない)とドイツ語で検索するのだ。どっさりと風力被害を訴える記事が出てくるで。もちろん風力事業のコマーシャルや、被害を否定する汚いデマ広告が覆っている。日本と同じだ。

私はいつもそれぞれの記事がどこに繋がっているのかを順次追いかけている。そしたら反対運動などを集めたページが出てきたりする。彼らは「風力発電の被害」を確信している。日本とはエライ違いだ。実際は、ハンブルクなどの都会に住んでいる人は、風力発電などほとんど見かけないという。

まに、高速道路を走っている時、田舎の風景の遠くに、小さく見えることがある程度だというのだ。だから風力発電の被害を訴える人は、人口の少ない百姓など田舎の人に限られている。日本でも、そうだけどね。ではなんでドイツでは地域の人々が協力して抗議運動をしているのか。日本には一つもなく、むしろ被害者を弾圧して笑っているのか。

この辺に、日本の我々が落とし込められた「風力発電の被害」の本質があると考えるのだ。テレビでも新聞でも、「風力発電の被害」を伝えることは絶対にない。なぜな? 騙しのテクニックなのだ。これほどバカにされ、アホにされても日本人は再エネだ、とカルトを信じている。

昨日のBSニュースでやっていたけれど、アメリカは石炭火力を前年度より22%増やしたという。これが世界の現実だ。日本だけ、カーボンフリーだと言って喜んでいる。嘘八百なのは誰にでも分かるはずなのにさ。由良町の風力発電を撤去してくれ。耳鳴り、目まい、頭痛で苦しくてならないのだ。

他の被害地域でも同じ被害だろう。なんでその被害がおかしいのだ。いや、彼らは「風力の被害など聞いたこともない」と繰り返して笑っている。ドイツと、こうも違うんやで。世界中の笑われ者よ。

カテゴリー: 新着情報 パーマリンク
-->