日本でも、風力反対に立ち上がろう。

前ページでは、日本だけでなく、世界的に風力発電の低周波被害を否定する論文が多々、出回っている事態を書いた。それらの御用学者の汚さを非難したつもりだ。更にそれらの学者を使って、各地では偽物のエセ反対運動が展開されている。

「土砂崩れが心配です」と言ってみたり、「一般の人には影響ないです」と笑ってみたりと、既にその地域には風車病に苦しむ被害者がたくさんいるのに、冷酷非情な地域対策、環境運動家が悪事を振りまいている。由良町でも同じことがあったからさ。

被害者でさえ、すぐに彼らに同調して、自分の被害を否定して、被害を懸命に訴える私を拒否して笑っていたものさ。谷口さんら被害者たちは、なんだかんだと言いながら死んでいった事件は、あの時の関係者なら誰でも知っているだろう。笑いものにしたから、その理由があるはずだ。

伊豆や伊方の被害地でさえ、人々は私を拒否していたものよ。もちろん他の風力被害地、計画地でもな。電話してみると「あぁ、アンタか…」と吐き捨てる言葉が返ってくる。それらのグループはホームページを作ったり動画をアップしているから、大体の中身は分かる。「考える会」と称しながら何も考えられないのだ。

言われた言葉を繰り返すだけのことよ。すっかり風力事業に組み込まれていた。「protest wind farm」と検索すると世界中の反対運動が出てくる。もちろん前ページのように、被害を否定する仕掛けがあちこちに散りばめられている。日本も同じことになっているでしょ。ところが海外の抗議デモは、何が悪いのか明確に書き記していることだ。

これは日本にはどこにもない。つまり日本の反対運動はイカ様だ、という証拠がここにある。笑えるではないか。あたかも心配そうに反対だと言いながら、「土砂災害」と主張する彼らはいったい何者か。建設会社から雇われているに決まっているだろう。私も建設会社で働いていたから、土木工事があるだけで利権になるのだ。カネ儲けだよ。

そこには被害者の苦しみや、死んでいくロボットと化した低周波患者の悲しみはどこにもない。「これは戦争だ」と言ったジャーナリストの通りだよ。日本人は被害者を叩いて喜ぶ社会になっていた。全国で、誰一人として風力被害に抗議する人はいない。「風力被害など聞いたこともない」と言うのだ。海外の風力発電の抗議運動とは真逆よな。

どちらが正しいとか、間違っているとかは、人間レベルの話だろう。由良町の今日の天気では風速は1m/秒とある。風なんか吹かないのだ。詐欺だよ。それよりも被害者を虐待して殺してきた罪は、これからも深く地域社会に伝えられるだろう。私への憎しみの酷さがそれを物語っている。よくも言ってくれたな、と。今流行りの風評被害ではない。リアルな風力発電の被害だよ。

カテゴリー: 新着情報 パーマリンク
-->