巨悪のシンボル、風力発電に反対しよう。

北九州の玄界灘にたくさんの風力発電が建設されるらしい。この地域には既に風力発電の低周波被害に苦しみ、全国に被害の様子が伝えられるのに隠ぺい工作ですっかり消されてしまっている。原発と同じで、よっぽどカネになるんだろう。おかしな話だが、日本だけ、風力発電に反対する人も、被害に抗議する者もいない。

泣きながら苦しみ、苛め抜かれて死んでいくのに、周囲の人々は笑いものにして喜んでいるのだ。とうに被害者は低周波で頭をやられているから抵抗の言葉もない。「私たちは風力発電には反対ではありません」とロボットのようにされて繰り返すのだ。それをまた環境運動家たちが誉めそやすものだから、政治も行政も大喜びしていたものさ。

ヨーロッパやアメリカでは激しい反対運動が繰り広げられている。新聞やテレビのニュースにもなっている。それが日本ではどうだ。一つも記事にはならないのだ。情報の隠ぺい。情報工作よな。日本人はアホだから、私が指摘しても、逆に私をアホにして喜んでいる。「私たちは町長の言うことが正しいと思っている。

オマエは間違っている」と。由良町だけではなく、和歌山県はおろか、全国の人がそう私に伝えに来る。エライことだと思いませんか。北九州でも同じように風力被害を訴える人はいないだろう。秋田や山形のように金儲けのダシにされて喜んでいる。被害を否定する御用学者もホクホクしている。恥ずかしい、ということを知らないのだ。

私は地球温暖化のキャンペーンの正体がやっと分かったよ。社会の破壊が目的だったのだ。エネルギーでもカネでもない。世界戦争をやっていたのだ。アメリカでは社会の分断が社会問題になっているという。日本では、原発にしろ、再エネ、風力発電にしろ、地域社会はボロボロに崩壊している。

無理なことかもしれないが、風力発電の被害を言葉にしよう。耳鳴りがして目まいがして、体がしんどいのだ。各地の風力被害者たちが、心無い人らの手によって消されてきた。ナチスドイツのホロコーストやで。風力発電は精神を破壊する。1本でも建てたら終わりだ。それが林立すると、さらに卓越した被害成分が嵩上げされて被害が拡大する。

風力発電の発する有害な低周波は1㎐辺りだから、気圧変動、空気振動だ。由良町では2㎞まで被害者が確認されている。海外の被害調査報告書では、10㎞とか15㎞とかいう文献もある。その時にならないと、誰が被害者になるのか分からない。被害感覚がない人は、それもかわいそうなことだが、いずれ病気(Path way to disease)になるようだ。

カテゴリー: 新着情報 パーマリンク
-->