風力発電は低周波被害があるから怖いんだよ。

風車病に苦しむ被害者が、被害を訴えることは全くなくなってしまったようだ。10年前、h24年に、由良町で風力発電の被害を訴え始めたころ、伊豆や伊方、愛知県など、各地で風力発電の低周波被害を訴える人たちがいたものだ。覚えている人もいるだろう。このページを遡って見れば、当時の情報を拝借して、私も風力被害の手掛かりにさせてもらっている。各地の被害者と直接話したりもした。

畑地区の谷口さん宅を訪ねる被害者もいたようだ。それがいつの間にか消えていく。被害者の死亡、迫害、弾圧の成果だ。『風力発電の被害』にはその経緯を書いた。このページは、誰も被害を訴えることが無くなったので、正確な情報を伝えるために維持している。風力発電の被害は進化していて、事業とセットになったエセ環境運動が、地域に密着した悪さを展開している。

どこでも同じ地域対策をしているから、その非情な仕組みを垣間見た人もいるだろう。原発の計画地、反対運動を見た人なら、大体わかると思う。私のような極楽トンボは、その時になって初めて「ひどいやないか」と気が付くものだけど。社会が破壊されるのだ。家族、家庭、近所、勤め先、個人的に人物破壊されてしまう。本人は気が付かないから厄介だよ。

「こんな時は疑心暗鬼になったらあかん」、「しっかりと気構えんとやられてしまう」、私にそうアドバイスしながら、平気で翻弄されていた被害者もいた。どんな人でもコテンパンだったよ。そういう地域だからこそ、風力発電が建設されたんだけどな。それがどんな町、どんな地域でも、地域対策要員、工作員がいて、被害者を黙らせてしまうんだから大したものよ。逃げ出して転居した人は何も言わなくなっている。

アフターフォローもあることだろう。あの東伊豆町の被害報告書を書き上げたエンジニアなんか行方不明だからね。不運を背負って逃げ出したことだろう。今、東伊豆町に電話してみると、誰も彼もが、「もう被害を言う人はいません」と言って笑っている。由良町と同じだ。もちろん他の被害地でもね。各地にある風力発電の計画地では、「土砂崩れが心配です」と判で押した言葉を繰り返している。

そこに低周波被害、風車病の言葉はない。「風力被害とは、土砂災害だ」と断言する。参加者たちは拍手喝采だよ。誰かが、何かおかしいんじゃないか、なんてことは聞いたことがない。完璧な被害者つぶし、言葉のすり替えだ。私が、エセ反対運動という所以だ。近隣の地域には、すでに多くの風力被害者がいて苦しんでいるだろうに、こんな倒錯した環境運動がまかり通るのだ。風力事業の手先だということが、ちょっと見れば分かるだろう。

風力発電の低周波被害とは、暴行傷害、殺人事件なのだ。10年前の風力被害の記事をまとめて見れば、そうとしか言えないでしょ。「因果関係を証明しろ」と彼らは言う。「低周波測定図なんか役には立たないんだ」と彼らは言う。そもそも低周波被害を罰する法律はないんだというのだ。それを、いかにも面白そうに言うものだから、人の幸せ感なんてこんなものか、と転落の言葉とともに思うのだ。

みなさん、いくら言葉巧みにサステナブルだ、自然エネルギーだ、と言ったところで、こんな悪逆非道な一面があれば、それはアウトだろう。被害者を笑いものにしてカネを得る。これはいかんわな。インターネットで「風力発電、低周波被害」、「風力発電反対」と検索しても、被害を否定する欄ばかりが出てくるようになっている。すべては税金だ。行政主導だよ。大本営発表のウソが今、まさに花盛りになっている。

自民党総裁選挙でも、再エネにすると言っているからね。恐ろしい世の中、住みにくい時代にされたものよ。2018.1/20、1/22日、2019.8/24日、2/7日のページに谷口さんの録音をアップしているから、聞いてみてください。他にもあるけど、とても公にはできないものもある。関係者は知っているはずだ。風力発電を止めよう。風車病に苦しむ被害者を助けよう。

カテゴリー: 新着情報 パーマリンク
-->