全国で風車の建設が始まっている。

いつものように小林教授に話しました。

ホームページでも紹介しているように、全国各地で風力発電の建設が進められています。当初からそれらの地域の、彼らの声が私にも届いていましたが、いつの間にか、彼らはすっかり言葉も批判精神もなくしていました。twitterなどでは私はブロックされています。つまり拒否です。

彼らは風力発電に反対ではなかったのか、と腹が立ってなりません。そのくせ、女の腐ったみたいに、音がするとか言って愚痴のような屁理屈を並べています。川のアユが心配だとかね。全然、話にならない。風力発電に反対しないようにトリックが仕込まれているんですけどね。

これらの地域にはすでに多くの風力被害者がいて苦しんでいます。しかし、例によって誰も抗議をすることができません。いや、してはならないのです。もともと薄暗い、怪しい地域です。ド田舎ですから、昔からの地域のしがらみみたいなのがあるんでしょう。由良町も同じようなもんです。

日本人の精神なんて、こんなにも弱かったんですね。今の時代に何を言っているのか、と笑ってやっても通じない。被害者ですら「私たちは風力発電には反対ではありません」と繰り返す。ロボットそのものよ。かと言って、由良町なんかでもコテンパンに被害者は殺されて笑いものにされましたからね。

国策とは恐ろしいものです。さて、どこでもそうですが、学歴もあり、人物も申し分ない人がいるはずでした。ところがそんな人でも言葉をなくし、精神までもが消え去ってしまっていました。「ヒツジにされるんやで」その言葉通りになっているのです。こんなものですかね。私には同情心なんかない。

アホか、としか言いようはない。それは由良町でも同じでした。こんな惨状を見て、日本人にも心を取り戻す手立てはないものかと思うのです。海外の風力反対運動を見て、あまりにも違うでしょ。日本人は、なんでこうもダメなのか、と。今も私に対する弾圧はすごいですよ。

周囲の人が、なんでそこまで狂わされるのかと残念でなりません。福島のいわき市でもそんな話を聞きました。被害者への弾圧です。水俣病の時と同じですね。反抗して、声を上げるものはいないのか、と思うのです。社会の再生、人間の復活、ではないですが、何とか新しい風を吹かせたいのです。

小林先生だって、朝起きたら目の前に巨大な風力発電が轟音を立てて回っていたら嫌でしょ。なんでそんな当たり前なことが言えないのか、教えてください。彼らはとうに普通の人間ではないですけど。

 

メールありがとう

添付ファイルの記事も見ました。主題は、工事中のくい打ちの騒音のようですが、それももちろん問題だけれど、出来上がった後、海上とはいえ、この距離13㎞ではおそらく知られざる公害、低周波音がおそらく低周波音敏感者にはつらい事態を引き起こすでしょう。その意味でも、「低周波音被害」については、もっと周知する必要があります。みんなが知らないと、悩みは低周波音敏感者だけの悩みになってしまうからです。

小林

カテゴリー: 新着情報 パーマリンク
-->