怪しい、と思わないか。

石油や石炭の使用を止めるという。そしてクリーンエネルギーへの100%転換というのだから驚くではないか。この記事の何がおかしいのか? 現実から浮き上がってしまっていることだと思わないか。「Scam wind power」で検索してみると、たくさんの記事がアップされていた。翻訳すると、どうも意味がズレてしまう。

もともとくどい表現だから、何とか原文の意味を拾うしかない。もっと情けないのは、これだけのひどい記事があちこちの新聞やテレビで垂れ流されているのに、誰も批判したり議論したりする人がいないことだ。そして電気不足が懸念されているというのだから、何かが狂ってしまっている。転落した人々よな。

各地の自称、風力反対のグループは、相変わらず明後日の話に煙を撒いている。一体何を言っているのか、本人たちにも分からないだろう。何が悪いのか、何が間違っているのか、さえ、まともな言葉として出てくることはない。洋上風力のグループさえも、「土砂崩れが心配だ」と言っているんだろうね。

とうに地域には風車病に苦しむ被害者がいるのに、よくあれだけのバカがやれるものよ、と感心している。それほど低周波被害という言葉が呪文として、マントラになって彼らを魔法にかけているらしい。由良町と同じで、人々の心は破壊されて、社会は崩壊してしまっているんだろう。被害者が苦しみながら死ぬ。

そしたら周囲の人は手を叩いて笑って喜ぶのだ。「わしらは面白うてならんのや」と。これが風力発電の被害だ。各地のエセ風力運動では、毎日せっせと被害者の弾圧をしているんだろうね。例の谷口さんは最後のころ、毎日のように嫌がらせを受けていることを伝えてきた。弾圧する方もエスカレートしてハイになっていたことだろう。

「風力の被害など聞いたこともない」そう言って私をにらんだものよ。日本の社会があちこちで壊されている。被害者にも人権があるだろうに。脱炭素は嘘だ。被害者を弾圧して喜びたいだけなのだ。金儲けにもなるしね。いやな世の中よ。結局は東ドイツ発のメルヘンは、ホロコーストに行きつくのか。あの戦争の時と同じように。何が悪いのか、気が付くやろう。

 

カテゴリー: 新着情報 パーマリンク
-->