電気代が上がるらしい。

再エネが推進されたので、また電気代が上がるようだ。今、電気代の13%だから、それよりもっと高くなるわけだ。問題はいくつもあって、単に電気代だけでなく、本当にその電気が使われているのか、とか、私のように低周波被害でエラク苦しめられる被害とか、自然破壊とか、言い出せばキリがないほどに、再エネの悪行は酷いのだ。

不思議なことに政治も行政も、そして警察も、決してその被害のことに触れることはない。それどころか、被害を訴えるものは精神疾患のものだ、と調査報告書に書くぐらいだから、戦時中のファシズム顔負けの弾圧が行われている。最近はエネルギージャーナリストとかいう評論家がたくさんいて、環境運動家と連携して、いい加減な文章があちこちに出回っている。

その情報は、大体がウソだ。この記事にしたって、一般の新聞やテレビは、絶対にこんなこと書かないから、何かある・、と眉に唾つけて見た方がよい。たまにtwitter見ているけれど、ほとんどガセやね。再エネの宣伝、被害の否定(土砂崩れだと)、環境カルトさんの狂信、エセ反対運動会、まともな情報はほとんどない。

私は風力発電の低周波被害を訴えている。被害者を弾圧するとはどういうことか。この莫大なカネの流れも、その理由の一つだろう。「ヒツジにされるんやで」そう言ってアドバイスしてくれた人もいた。たくさんの被害者が苦しんで死んでいくのを見た。誰も助けようとする人はいなかった。「考える会」など全国展開で被害を隠蔽していたのだ。

そのことも多くの人が言葉にして笑っていた。社会が壊されている。風力発電の闇、再エネの悪行は、さらに深められている。力を貸してほしい。由良町の風力発電を撤去してもらいたいのだ。各地で盛んに行われているエセ風力反対運動は、しょせんは偽物だからね。正確な情報を持って、何が悪いのか、間違いなく判断してもらいたい。

 

カテゴリー: 新着情報 パーマリンク
-->