人の悪口を言う。

最近テレビによく出てくるこんな人でも人の悪口を上手に書くんですね。「研究者に向くタイプ」か。これは公務員でもサラリーマンでも職人でも同じことだろう。私のような百姓ならなおさらだ。ふと気になったのは、今、各地で行われている風力発電の反対運動だ。私はこれまでその人たちをエセだと言って詰ってきた。

h19年の伊豆や伊方の風力被害の出来事を思い出してみるがよい。そしてh23年の由良町での風力被害による惨禍よ。風力発電の被害とは何か? 格好のテーマになったものよ。被害者弾圧の風景を録音してアップしたから、聞いてくれた人もいるだろう。そして「考える会」のトリックがどれほど被害者を追い詰めて消し去っていったかも見たはずだ。

今も全国の自称風力反対運動で同じ隠ぺい工作が堂々と行われている。土砂崩れが問題なんだってさ。秋田では風況が良い、とか、地域の活性化だと言っている。とうに風力被害者がたくさんいて苦しんでいるのにご苦労なことだ。各地の環境運動家や行政マンの悪口を書くときりがない。彼らは何を根拠に風車教に染まっているのか。

風力被害と言うセンスは全く感じられないのだ。それが私に不思議な気持ちにさせるのだよ。人が苦しんでいる。原因は分かっている。その人が自宅を捨てて地域を出ていっても関係ないという。苦しみながら亡くなってもただ笑っている。伊豆や伊方、由良町でも同じさ。何やろう、と思うのだ。しかしそれらの人たちの心に届くことはない。

「関係ない」というだけなのだ。これが海外なら、これまで私が訴えてきたように「Stop wind turbines !」と言って抗議運動を各地で展開している。アフリカの土人やハワイの原住民でさえ、人々が一緒になって怒り、抗議しているのだ。日本人はいったい何なんだと思わないか。私たちは単に騙されているだけではない。巧妙に心理操作されているのだ。

風力裁判のことも、人々には笑い話でしかない。社会が破壊されている事すら分からないのだ。前ページでは、石炭火力の廃止ニュースのことを書いた。水素やアンモニアを燃料にすることのアホなことも書いた。これも地球温暖化なのか。そして風力発電の被害とつながっているのか。闇は深まっていく。いったい誰がこんな腐った政策を進めているのかと思う。

私も人の悪口を書くことにしよう。風力発電になんで反対して抗議するのか。それは耳鳴りや目まい、頭痛に苦しめられているからだ。谷口さんらが苦しみながら死んだからだ。泣きながら力になってほしいと頼まれたからだ。

 

カテゴリー: 新着情報 パーマリンク
-->