奇妙な風力運動会

広島の風力計画については、これまで何度か、このページでも書いてきた。このような記事は、産経やアサヒと言った新聞には出ないし、テレビで伝えられることもない。ましてや低周波被害で、風力地域の被害者が苦しんでいるなんてことは、絶対に報道されることはない。

そして被害者を弾圧して、被害を隠蔽する行政や政治についても、誰も言葉にすることなく「風力被害など聞いたこともない」と判で押した返事をすることになっている。それでこの記事の何が問題なのか気が付くだろうか。既にこの地域周辺では風力発電の低周波被害で塗炭の苦しみに狂っている被害者たちがいる。

海外なら、とうに「stop wind turbines !」と言って抗議運動が起こされているだろう。しかし日本に「風力発電を止めろ。被害者が苦しんでいる」なんて言う人は誰もいない。それどころか、ここに書かれているように「土砂崩れが心配」なのだ。見事な言葉のすり替えになっているトリックが分かるだろう。

反対運動する人の中には土質調査報告書を盾に議論する人がいる。私には「土木工事をしっかりやってください」としか見えないのだ。土木工事をすると、それだけ地域にカネが落ちるからね。金儲けのダシなのだ。風力発電の低周波被害者は、いったいどこへ行ったんだろうか。上手く隠したものさ。

あたかも風力発電の被害を心配する風に見せる環境運動家も、絶対に「stop」(止めろ)ということはない。みんなで考えましょう、ってか。これまで、一人でも被害者のために戦った人がいただろうか。みんな偽物だったんだよ。盛大な記事に仕立ててはいるけれど、こんな文にも風力被害隠ぺいの仕掛けが行われている。

被害を訴える人が苦しみながら亡くなると面白くてならないのさ。それがこの人たちの正体であることを証言しておく。世界の笑われ者よ。

カテゴリー: 新着情報 パーマリンク
-->