再エネ政策に反対しよう。

脱炭素の法制化だそうだよ。再エネを義務化するとある。これまで私のページでは、風力発電の低周波被害を訴えて、被害者に対する弾圧を止めてくれ、と書き綴ってきた。風車病に苦しむようになると、人格が崩壊していく。そしてその人は消されている。

そのように仕組まれているからだが、何のために風力被害者を目の敵にして迫害するのか、私なりに書いてきたつもりだ。他方、風力発電は電源として役には立っていないことも書いてきた。風速10m/秒の風なんかどこにも吹いてないやないか。風もないのに風車が回っている。

これは由良町の風力発電を見ての実感だ。ジャーナリストたちと連れ立って、隣町の広川風力へも行ってみたが、いつも1m/秒の風~せいぜい3m/秒なのだ。それなのに「ここは風況が良いです」と言っている。ヘンでしょ。つまり電気を使って風車を回しているのだ。

何のために?太陽パネルだって、広大な農地や原野を切り開いて、メガソーラーにしているでしょ。自然環境の破壊だよな。こんなのに取り囲まれた人は大変な事態になって逃げだしていることだろう。ところがこの記事では、さらに再エネを加速するとある。すべては税金だ。

「再エネ」と書きながら、中身は風力と太陽パネルでしょ。日本には四季があり、天気は毎日のようにコロコロと変わる。風力や太陽光は無理なのだ。そりゃ、原理的には確かに発電するさ。しかし実用的に、必要な時に必要な電気が送電できるか、となるとそうはいかない。

そうであってほしい、いや、そうあるべきだ、と言いたいのか?巨額のカネが闇に消えている。これが目的かもしれないし、環境ビジネスに狂わされた社会の脆弱さかもしれない。地球温暖化対策というスローガンよ。あの戦争の時の大本営の嘘と同じことだと思うのだ。

私は、風力発電の被害を受けて消されていった被害者たちのことを思い返すのだ。今も私への弾圧は続く。「ウソつくな」という罵りよ。谷口さんらは泣いて苦しんで死んでいった。地域の人々は笑いものにして喜んでいた。これが地域対策の成果だよ。こんな悪法がまかり通ってよいはずがない。

カテゴリー: 新着情報 パーマリンク
-->