オマエもか

この人は学者ながら大臣も務めたほどの異色の識者だと思っていた。しかしこの文はいったいどうしたことだろう。「技術開発が進めば、」とか「技術革新なくして、」とか、まるで雲をつかむような話ではないか。水素・アンモニアと言っても天然ガスCH₄から作っているでしょ。どこがカーボンニュートラルなんだよ。

私も何度か学者さんの会合に出かけたことがあるが、「日本中に風車を建てたら原発何基分に相当するんだろう。それが知りたいんだよ」といった幼稚園児の発言が目立った。こんなものが大学の教授を務めて学生を指導しているのかと思うと、アレッ? これは違うぞ、と言う違和感に包まれたものよ。

専門バカ、と言うのでもない。単におバカさんなのだ。お花畑ともいう。これと全く同じ場面がこの記事である。晩節を汚すと言う。私には正常な文章には見えない。政府のプロパガンダ、太鼓叩きの安っぽい老害だ。なにが安全保障問題だよ。老人ボケは止めてくれ。

 

カテゴリー: 新着情報 パーマリンク
-->