ディストピア

記事の書き方が編曲しているので内容が分かりにくい。「惨事便乗型」「全体主義」「隣国に存在」などと、あたかも惨事はよその国のお話だと言わんばかりだ。福島の原発事故、水俣病、そして風力発電の低周波被害、ひどい話ばかりじゃないか。ディストピアとは、我々日本のことだと思わない方がおかしいのだ。私のホームページで書いてきたとおり、風力被害者に対する弾圧、迫害を見てみろ。

それを由良町の人たちは笑いものにして喜んでいる。各地の自称風力発電反対運動でも、「土砂崩れが心配です」とシュプレヒコールを上げている。風車病、低周波被害があるから風力発電はダメなんだ、の言葉は消されている。彼らは確信犯よ。それでもその地域の人々が集まって怒声を上げているというのだから、民衆とは、いかにアホの集まりでしかないのかが分かるのだ。

私は、すっかり民衆の敵となっている。初めから、石もて追われる運命にあったようだ。感心にも逃げることなくすべてを受け止めて、こんな文を毎日書く羽目になっている。書いているうちに、文もコナレてきて、なにがテーマなのかが分かってきたものよ。記事にあるナオミ・クライン『地球が燃えている』なんて扇動的でエセ環境運動家たちには聖書、マントラになっていることだろう。

結局、人は戦争や思想、プロパガンダが大好きなのだ。そのせいで被害者が死んでも、社会が崩壊しても、何も反省することはない。繰り返すが、日本だけ「Stop wind turbine」の抗議デモがない。由良町の風力被害で報告したとおり、谷口さんらは苦しみながら死んでいった。人々は手を叩いて笑った。去年の風力裁判では、警察や検察は「風力被害など個人の思い込みだ」と断じた。

弁護人は分からないと言った。私を訴えた人も「風力被害など聞いたこともない」と嘲笑った。大したものだよ。そしてこの事件を全国に向けて訴えても、誰一人として風力発電の低周波被害を解決するために協力する人などいなかった。無理に言葉にするなら、被害者など社会のリスクだ、と言うものであった。由良町では、被害者の家族でさえ私を迫害してくれた。

トテモトテモ何人かの活動家が我家を訪ねてきたときにも、「まるでディストピア、1984年だね」と言った。その割に、彼らがそれぞれの地元に帰ってからの活動には、由良町の風力被害の言葉はない。谷口さんは猿回しのサルにされて各地で風力被害の話をしたようだが、今は誰の記憶にもない。2018.1/20日、1/22日、2019.8/24日、2/7日、に谷口さんの録音を載せている。

いかに弾圧されているのか分かるはずだ。それが面白いってのか。それがここでいうディストピアなのさ。

カテゴリー: 新着情報 パーマリンク
-->