恐ろしい風力プロパガンダ

秋田では既に多くの風力被害者がいて苦しんでいるという。行政や風力業者に風車病の苦しみを訴えた人がいると聞く。それなのに日本では、誰も「風力発電を止めろ」とは言わない。添付資料のように、海外では、どこでも「Stop wind turbines !」(風力発電を止めろ)と抗議運動をしている。

なんで日本だけが、被害の原因である風力発電を止めろ、という抗議がないのか。それはこの新聞記事にもあるように、全く風力被害者は無視されていて、低周波被害の言葉は一つもない。新聞は風力プロパガンダ一色になっている。御用新聞よな。和歌山でも同じだ。自称、風力反対運動というのも、中身が怪しい。

「考える会」となると、被害を否定した風力推進団体だろう。「エセ」がまかり通っている。風力発電と環境運動はセットになって展開してきたのだ。被害者は簡単に騙されてきたし、低周波被害は頭をやられる。コテンパンに弾圧されている。伊豆や伊方、由良町の被害者の末路を見るがよい。笑いものにされて死んでいったではないか。

それを面白いと言っては手を叩いて踊っていた。それが風力発電の恐怖だ。あの戦争の時と同じプロパガンダをやっている。あの時、誰か「戦争反対」なんて言ったか? 特攻とか言って、自爆攻撃して殺されて、それでどうなったと思う? 今も軍神として祀られているという。なんのために、と思わないか。

風力発電の低周波被害を否定して、被害者を精神疾患のもの、障害者の症状だという、そんな社会が良いと思うか。水俣病でも、イタイイタイ病でも、被害者は悲惨だったやないか。風車病の原因は分かっている。低周波測定器で観測すると周波数1Hz周辺に激しく振動する被害成分がある。

分析図とともに、圧力波形を見ても、繰り返し空気振動、気圧変動が襲っていることが分かる。これが被害の原因だ。低周波被害を否定する御用学者は鬼だよ。それを見て笑っている公務員という役人はもっとアホというべきだ。皆さん、騙されていることに気が付こう。ぜひ、海外の風力事情にも目を向けてほしい。

私たち、日本人は情報を遮断されている。Protestwind farm(風力発電に抗議する)と検索してください。たくさんの被害があることが分かります。そして日本だけ、何もない。これは異常なんですよ。世界の笑われ者よ。

カテゴリー: 新着情報 パーマリンク
-->