風力発電の低周波は人を殺す。

日本の環境省は、海外に知見はないと豪語する。役場や県などの職員は、たとえ被害者が泣いて訴えても、笑いものにして吐き捨てる。私は何度もその場面を見た。これはEPAW(European Platform Against Windfarms)の記事だが、それぞれにたくさんの記事、文献が付いているから、世界中で、どれだけの被害があるか分かるだろう。

日本の、被害者に対する虐待は異常なのだよ。今、全国で、風力発電計画に対して、反対運動が起こっているけれど、「土砂崩れが心配」とか「観光資源になる」とか、言葉のすり替えばかりが声高に叫ばれている。つまりエセ運動だということが分かるだろう。問題の本質は「低周波被害」にある。

私は由良町畑地区で、風力発電の低周波被害に苦しみながら亡くなった被害者たちをたくさん見た。そして、その被害を隠蔽する人々の恐ろしさを知った。『風力発電の被害』とは、低周波被害ではなく、人々の狂気にあることを見た。なぜだ? と今も驚くばかりなのだ。

そりゃ、風車が本当に発電しているのか、とか、自然エネルギーとして、これからの社会に必要な発電システムなのか、という論理はあるだろう。しかし理想と現実の区別は必要だ。風車を回して発電するための風速10m/秒の風なんか、ごくたまにしか吹いていない。じゃ、海上なら吹いているのか。

「春の海、ひねもすのたりのたりかな」、日本の海には凪が必ずある。逆に台風がたくさん襲来する。電気とは、必要な時に、必要な電気を送電することが原則だ。とても使えない。すべては絵に描いた餅。ウソだったんだよ。翻訳機能があるから利用してみるがよい。

ところどころ、ヘンな文になっているから、辞書を片手に、意味を追うがよい。国は、行政は、政治は、日本人が英語が分からないと思ってバカにしている。たとえ分かったとしても、誰も国に逆らえないと高をくくっている。こんな人を馬鹿にした連中もない。

風力裁判で、散々に見せつけられたよ。日本では、このような殺人事件が、確信的に、堂々と繰り返されてきたのだ。風力発電に反対しよう。被害に抗議しよう。悪党をやっつけようやないか。

Health effects of ILFN* can cause death

 

カテゴリー: 新着情報 パーマリンク
-->