錦織圭選手に乾杯、モチベーションアップです。

錦織圭選手、全米テニス準優勝おめでとうございます。

ひさびさの明るいニュースに興奮しましたね。

幼少のころ、錦織圭選手が師事した松岡修造さんが「100回叩くと壊れる壁があったとする。でもみんな何回叩けば壊れるかわからないから、90回まで来ていても途中で諦めてしまう。 」と名言を語られてました。

私もあきらめません。

9月9日、本会議での陳謝文の朗読です。

当然、拒否しました。風力発電の低周波音で苦しんでいる人がいる。この被害を訴え、伝えることは信念で発言していると言いました。

確か、三度ほど陳謝文の朗読を拒否しましたが、当然これからも、陳謝するつもりはありません。

風力発電で苦しんでいる人たちのために。何度でも発言するつもりです。

そしたらすぐに議会運営委員会です。密室で10人の議員たちから暴力的な誹謗、批判の言葉で一斉に責められました。議員の資格はない、とも言われました。

一人の私に対して大勢で攻めかかる、いじめ吊るし上げです。

名誉棄損になります。これまでも何度となく繰り返されてきたことでした。

これほどまでにレベルの低下した議会があったでしょうか。全国で、すでに有名になっているというのに、何の考えもなく、ひたすら被害を発言するものに圧力をかけて黙らせようとする。反省など、さらさらない。

議会というものは、本来、そこに住む人たちのために、豊かで楽しい暮らしができるように、話し合う場ではなかったか。

私の主張は単なる理想論、というより論外のものなのか。

低周波音で24時間苦しみ、体調を崩して生活が困難になっている人たちのことを思い、訴えることがなぜ悪いのか。言ってはいけないことなのか。

あまりにひどい。名誉棄損です。

こんなことが許されてよいはずがない。

 
グーグルの地図で、航空写真を見ても、巨大な風力発電の写真が隠されています。

私たちの社会は今、恐ろしい情報管理におかれています。

カテゴリー: 新着情報 パーマリンク
-->