嫌な記事

日本だけ、風力発電を止めろ、という抗議運動がない。同じように、日本だけ、風力発電はいらない、というグループもない。私は由良町で、風力発電の被害を受けて苦しんでいる人たちが次々と死んでいくのを見ました。環境運動家や、自然保護団体、ジャーナリストなど、たくさんの人が珍しそうに尋ねてきたものでした。

私のページを初めから見ていくと、物わかりの悪い私が戸惑いながら、なんとか被害を訴えて、「風力発電を止めてください」と叫んできたものでした。この記事を見ると、何かヘンだと感じませんか? 実際、この地域は以前から御用学者や常連講師を招いて、地球温暖化だCO₂削減だ、と「あさっての話」を繰り返していたようでした。

すでに風車病に苦しむ人もいるようで、猿回しのサルのように使いまわされて笑われていたものです。各地の風力被害者と、その末路は同じだろう。この地域は平野が開けているので、由良町のような閉鎖区域とは違った低周波の挙動があるでしょう。耳に聞こえる騒音と一体になっているかもしれない。

まだ具体的なアンケート調査もないのか、いや、もしかしたらとうに被害調査を済ませて、それぞれに個別に人物破壊されているかもしれない。協力金、地域活性資金など、資金が豊富だからね。原資は再エネ賦課金だけではないだろう。この雑誌はどうも左巻きになっている。結論は、「被害を最小限にする」だと?

御用運動家に御用記事ですか。大本営発表やないか。風車病、低周波被害を睡眠障害の言葉にすり替えるか。ナチスのプロパガンダ顔負けやで。問題は、なぜ誰も反対しないのか、ということだ。「関係ない」いい言葉やね。あんたも、関係ないんやで。風力発電が建設される地域は、社会が崩壊している。個人の倫理、道徳も、破壊されている。

そしてひたすらスケープゴート、ヒツジを求めて破滅への道を進めていく。自由にコントロールされる社会になるのだ。

カテゴリー: 新着情報 パーマリンク
-->