フランスの風力記事を読んだ。

フランスの風力記事を読んだ。

Why do so many people in France hate wind farms?

サラッと見て、風力反対運動と業者の確執が書いてあるんだろうと思ったけれど、やはり風力に加担しているなと思った。カネになるからね。困ったことに今、そのページを検索すると閉じられていた。意地の悪いサイトやで。しかし日本のメディアに比べてどうだろう。日本にも、当然、風力被害に苦しむ人たちがいるし、反対する人たちが活躍している。

国家権力によって、それらが弾圧されて悲惨な目にあっていることは、このページで伝えてきたとおりだ。新聞記者やテレビのアホらしさよ。このページを見る人も、少しは日本という国の姿が、どんなに低レベルに貶められているか、それを理解してもらいたいのだ。自然エネルギーだと言って、単純によいものだと信じている人。再エネ賦課金、固定価格買い取り制度などでアブク銭が溢れているから、その利権にたかろうとする人。

できるだけ元受けに接して、大金を目当てにする人、再エネ事業には別の意味があって、社会の破壊、地域のコントロールを目的にする国際インテリジェンス、初めから戦争なんだと割り切っている多国籍企業。

風力発電が電源として役に立っているという証左はない。風力事業は、加害者も、被害者も、精神を破壊する。カルト宗教だ。由良町で起こったことは、事実をこのページに書いてきた。

原文は、たまたまコピーしていたので、落書きがあるけど添付します。以下、下手な訳文で済みませんが、少しだけ・

フランスはなぜ、そんなに多くの人が風力発電を憎悪するのか。港湾労働者はタイヤを燃やす。労働法と、生態学の改革に抗議する。最初のフランスの洋上風力発電(西フランス)の開始のサイドラインで。

2018年8月

フランスで、風力発電に反対する運動が成長している。様々な自由意志を持つグループを集めて、Nimbys(我が家の裏には御免)、そして主流の政治家だ。

 

フランスは原子力からエネルギーを得て、風力発電への抵抗は長くなっている。しかし近年、このクリーンなエネルギー源に反対するキャンペーンをしているそれらは、もっと多様になりました。これらの相手が、すべて共通する敵として、風力発電だとする間、さらに異なっていました。

ブルジョワの人々から極左、無政府主義者、漁師、および金持ちの地主の武装勢力まで、風力発電に対する反対は、もっとずっと、ecclectic折衷的になった、とフィガロ紙は書く。これらの敵対する人は、風力発電に対して何をしますか。

それが醜く、人々の家に近く、歴史の記憶、騒音、目をくらませる光、および関係している政治家の腐敗と利害関係。と新聞は解説する。フランスはヨーロッパで4番目に大きな風力発電製作国である。しかし原子力は電気の75%を占めている。

6年前、福島原発事故の後で、フランスは、2025年までに原発を50%に減らすと約束した。しかしその締め切りは延期され続けている。より多くの化石燃料を使うことは、フランスの気候変動目標に逆らいます。フランスで風力発電を建設することは忍耐を必要としています。

嫌悪の事実は、世論調査が、フランスに見せている。風力発電には一般的には賛成だと。-フランスでは1万人の雇用を提供している産業だ。-しかしプロジェクトを動かすのに9年かかることがある。それはドイツやヨーロッパの所要時間の二倍もかかっている。それらの国では4年で行っている。

伝統的に、フランスの風力発電への長期の反対は、主に地元の活動家から生じて、移住者の誰かが風力タービンを恐れ、景観を損ない、彼らの家の価値を減少させるか、彼らの健康に悪影響を及ぼすこと、プロの原発派がいて、別の動力源による競争を望んでいなかった。

何人かの環境保護活動家は、野生動物へのタービンの影響について悩みました。最近では、主流政治家は、前のめりになっています。数週間前に出版されたフィガロ紙のカラムに、与党と野党の両方が政府に尋ねた。海岸近くの陸上風力、洋上風力のすべての計画を止めるのか、と。〈10MPs ? 10メガパワーステーションか〉

フランスは新しい風力発電の設定で、現在、本当の危機を経験しています。と政治家は書いた。人々の代表として、陸上に、または海上に、風力発電を建設する計画が討議されているときに、私たちは、人々がどれほど怒るのかを分かりました。

社会的な受容はとても低いので、訴えはそれらの70%に対して申し立てられます。その数値は5年前の50%から上がっています。法律の反対に対処することは、風力発電事業者の重要なハードルです。

この2年の間に、景観への損害を恐れている活動家は、ノルマンディで、モンサンミッシェルとしての史跡の近くの風力発電を防いだ法律の反対をファイルしました。エネルギー会社は、世界大戦の戦場近くで、プロジェクトの放棄をすることを強いられた。

それから他に、少し明らかな抗議の理由があります。6月初めに、同じ風力発電の別のものが、完全に消失していた。数日後に、爆発物は東フランスの風力タービンで発見されました。攻撃についての犯行は、それがdominations(支配)と戦っていると言った急進的自由主義の組織によって宣言されたと、西フランスは報告した。

そのような強烈な反対にもかかわらず、フランスはまだ、そのエネルギー混合の中で、風力を増大させる計画を進めるつもりです。

6月の終わりに、エマニュエル・マクロンは、6つの沖合の風力発電が進行を与えられて、2021年からスイッチを入れられるようにセットされていることを発表しました。

以下、風力記事とは関係のない文が続く。

フランスの生活はより魅力的になる。

ここ数か月で日常生活は変わり、旅行はより複雑になり、仕事は脅威にさらされています。フランスで起こっていることによって、あなたに、あなたが、言う必要がある、すべての必須のニュースと情報を提供するローカルな約束が知らせたこれらの荒天の時、私たちはコロナウィルスがどのようにフランスに衝突し続けるか、そして危機がどうしてあなたの生活に影響するかを知るために、あなたが必要なすべてをカバーします。云々・・・

カテゴリー: 新着情報 パーマリンク
-->