平成26年6月議会の議会便りです。

たくさんの嫌がらせ、圧力を受けながら、何とか記載されました。同時に、私に対する懲罰だといって、議員全員が風力発電被害の隠蔽のために懲罰委員会報告の記載と継続を議決しました。
困難に挫ける人もいれば、困難で成長する人もいる。
全国で猛威をふるう、この詐欺事業に対して、連携していこうという声が多く届いています。
その一つに、WHOには風力発電の低周波音による健康被害の報告書、論文がたくさん提出されていることが分かりました。世界中で、すでに明らかになっている実態を行政や政治が知らん顔していたということです。
Low Frequency Noise, Infrasound and Wind Turbines – The Society For Wind Vigilance
カテゴリー: 新着情報 パーマリンク
-->