おかしな風力発電の話題

風力発電の被害は伊豆や伊方から始まった。私は汐見先生や窪田さんから、それらの風力被害の様子を聞いていたけれど、h24年にジャーナリストから四国の環境運動家たちの対応を聞かされた時には笑ってしまった。コテンパンに叩き出されて、ベソ掻いて帰ってきたということだ。私も何度か、その手の人たちと電話で話したことがある。エコ利権、補助金が目当てなのだった。

前ページには窪田さんの一文『火付と、火消しと』を紹介した。まさにそのことが四国で普通に行われている。誰も立ち入れない。伊方でも、重症の風力被害者がいて、何人もの人が苦しみながら亡くなったと聞く。ある被害者は、髪の毛を掻き毟って、禿げ頭の赤べこになったと聞いている。凄まじい低周波被害に襲われたのだ。この記事を見ても、被害者がいて苦しんでいる様子はどこにもない。

被害原因である卓越した低周波の被害成分も書かれてはいない。タブーなのだ。何が被害なのか? 土砂崩れではないだろうに、ひたすら本質を逸らして脇道にそれていく。「火付」と「火消し」よな。環境運動して利権になるのだ。金儲けのおこぼれよ。なぜ誰も健康被害があって、ガンなどの基礎疾患のある人がすぐに死んだことを言わないのだろう。

エコウィルスと同じで、年寄りや病気の人がいなくなればいいとでも思っているのだろうか。私にはカルト集団のように、何か集団心理コントロールされているようにも思えるのだ。国連の気候サミットでグレタさんがスピーチしたことが、日本の環境相が、気候変動の危機に対応していくと発言したことが、自然エネルギーに夢と希望を抱かせているんだろうか。

ヒトラーの演説と同じで、いずれ破局するのに、恐怖のイデオロギーにすっかり騙されてしまっている。いや、その狂気が面白いんだと感じている。風力被害者を貶めて、弾圧することで、ストレスの捌け口にしているのだ。ユダヤ人の虐殺、排除と同じ理論よ。そして「関係ない」というのだ。「知らない」というのだ。さらに、もし私のように被害を訴える者がいるようなら、行政、政治、警察、地域の総がかりで黙らせて排除するんだろう。

そんな人がいるわけないか。私一人が風力発電の低周波被害を訴えている。風力発電の被害とは何か? 真面目に考えてみようじゃないか。そこらの工作員、環境運動家の言うことは、何も考えないように、あなたの思考を奪っていることに気づいてほしいのだ。風力発電に反対しよう。低周波被害に抗議しましょう。

カテゴリー: 新着情報 パーマリンク
-->