北九州市に巨大な風力発電所ができるらしい。

これだけ全国で風力被害に苦しむ人が亡くなったり、引っ越して逃げ出しているのに、なぜ誰も関心がないんだろう。国が推進する政策だから、その手先となって働く環境運動家たちが、せっせと自然エネルギーだとマニュアル通りに洗脳して回っているんだろうか。和歌山の西側の海岸にも大掛かりな風力計画があって、新聞やテレビは決して伝えない。地元新聞なんか、もう媚びへつらい、役場の広告新聞よ。

カネを払うのがもったいない。由良町ではたくさんの風力被害者が苦しみながら亡くなった。それでも、誰もが「分からない」「関係ない」「アホよら」と言って笑いものにする。被害者を人間とはみなさないのだ。たぶん外部の人から見れば、「何とまぁ、この人たちのすることよ」と驚いていることだろう。国や県の担当者は、風力被害者には無関心を通している。権力政治よ。風力発電を正当化するイデオロギーがあるようだ。

国の権利意識とは、国民に対して生殺与奪の権限を持つらしい。環境省の報告書でも、「風力発電に苦情する人は精神疾患のもの」と書いて風力事業を正当化してきたからね。まるで怪物よ。九州にも、すでに風力被害に苦しむ人がいるだろう。なんで誰も抗議して怒らないんだろう。海外では、普通に「Stop wind turbines ! 」と言って反対運動をしているで。

日本人は、被害者を蔑むようにコントロールされている。由良町畑地区の谷口さんも、その体験を切々と書いている。被害に苦しむ者を叩いて虐めたら面白いのか。それが怖くて誰も風力の「フ」の字も言えないのか。みんなと一緒、で良いのか。自分の頭で考えて、風力コマーシャルのウソを見抜こうではないか。精神疾患のもの、アホよら、と言われて屈従をなめる前に、人として反発しようやないか。

カテゴリー: 新着情報 パーマリンク
-->