南愛媛の風力被害で『日本の科学者』誌を読んでみた。

風力発電の低周波被害は、どのメディアも絶対に伝えないから、この記事だけでもありがたいと思わなければならないのだろうか。小林先生からも「何が不満なんや」と怒られた。私は被害者でして、何のためにアンケート調査をするのか。何のために低周波測定を行うのか。その目的は風力被害を訴えて、風車を撤去することにあると考えている。

由良町では、たくさんの被害者が苦しみながら死んでいった。伊豆や伊方でも、同じように被害者が亡くなっていったと聞いている。誰も被害調査をするものはない。根拠のない被害は被害ではない、と嘲られた。人が苦しみ訴えても、笑いものにして殺していった。故意の殺人事件なのだ。そしてこの記事は、因果関係を示すものではない、と断言する。

なんだよ、これは。引用文献を見ても、❔ハテナと思うのだ。北海道や愛媛は最果ての地だから人権意識は低いと思っている。しかし抗議する被害者がいてもよさそうなものだが、そのような気配はない。由良町でもそうだったけれど、ほんの数人が、死ぬ前に、「なんでも協力する。もう我慢できん」と本音を漏らしたことがあった。すぐに死んだけどね。

誰かが、この風力被害を終わらせなければならないと考えている。いつまでも騙されていたらあかんで。

カテゴリー: 新着情報 パーマリンク
-->